« 皇室の名宝展 | トップページ | 尚呼先生の結婚パーティー »

2009年10月30日 (金)

生徒さんの作品が出来ました 錯版

こんにちは、SSですNiina_001_r Niina2_001_r
生徒さんの新しい作品ができました

「錯」(サク) という技法で、ペンダントトップを作成。

錯とは、地金を彫ったりしたところに、他の種類の地金を流し込み、
その上からまた彫ったりローラーにかけたりして模様を出すものです。
生徒さんは黒味銅に950の銀を流し込みました。

銀ロー流しの一種のようですが、銀ローよりも950の銀は融点が高く溶けにくいので
少し難しいです。また、酸化もしやすいので大きい作品でやるとなると大変。。。

でも銀ローを流し込むより、銀の色がとっても綺麗。
生徒さんの作品も素敵になりました。。。

ペンダントトップになるようなので、これからチェーンが通って胸元に光るのを
見るのが楽しみです

伝統彫金、ジュエリーならMETALHEARTS

« 皇室の名宝展 | トップページ | 尚呼先生の結婚パーティー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生徒さんの作品が出来ました 錯版:

« 皇室の名宝展 | トップページ | 尚呼先生の結婚パーティー »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ