« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月17日 (水)

木目金

 女性の年齢を言い当てるのは同性でも難しいのであります。

 木目金を制作するのはなかなか気が遠くなる程の時間と労力がかかりますが この作品を作られた生徒さんは50代60代では無いと思うんです。でも地金は2日で出来あがったんです。(信じられませんが)

002_r 001_r

 大きさは測り損ねましたが実物は写真より2倍は大きいんです。楕円の方がブローチで、四角い方がペンダントトップです。

 春田先生のご指導で、大変細かな模様が一瞬にして生まれて傍らで見ていた私は唸ってしまいました。生徒さんはそのあとクラフト展に行ったそうで このように細かな木目金の作品が結構あったとかで大変上機嫌であられました。

 とても嬉しいのがこちらも伝わります。それでご自宅で木目金の地金を作って持ってこられました。まだ作品になっていないのでお見せ出来ないですが なんとも味わいのあるかぼちゃのデザインの木目金でした。

 今日はマンツーマンでおしゃべりにも花が咲きました。煮色をするとき、青首大根は作品が黄色くなるそうで実際、他の大根と比べてみたところ本当に青首大根はダメでしたね。二人で「大発見」とはしゃいで楽しい一日となりました!

伝統彫金 metalhearts

 

2010年3月10日 (水)

たとえばこんな修理

001_r

インカ帝国の王様なのでしょうか。イヤリングを片方紛失されたそうで、修理の依頼がありました。おぼろげながら記憶にあるインカ帝国の最後の王は、スペイン人に捕らわれの身になったときに 国にあるすべての黄金を差し出せば解放するというスペイン人の交渉にまんまと騙されて、黄金も命も奪われた、という悲惨なものです。

002_r

インカ帝国は人命を太陽神に捧げる生贄の儀式があるのと、裸体に近い格好なのでスペイン人は相当彼らを蔑んでいましたが キリスト教の名のもとに彼らの文化も命も絶った行為は悲しむべきであり、二度と繰り返してはならないと強く願います。

 さて、王様のイヤリングは22金で、といきたいところですがこれは銀にメッキを施しました。素敵になったでしょうか!                                                    

003_r 続いては可愛らしいどんりのピンブローチです。針の所で取れてしまったのでくっつけて欲しいとの依頼でした。

 今頃はレーザー溶接があるので、真珠がついていても外さずにスポットで金属同士をつけることが出来るので本当に安心で楽な時代になりました。

 ティファニーで朝食を で、若い二人が他社のリングに細工をティファニーに依頼するシーンがありますが 実際はティファニーではそういうことをしないそうですけれど、文房具屋から創業となったティファニーの頃だと請け負ってくれたかもしれないですね!私はそういうハートのある出会いや仕事が大好きです。あと、ものを大切にする心も。 

 ウチでは他社のものもお勉強ですので、修理などありましたら是非ご相談下さいませ。ほろりとするようなエピソードがあるともっと大歓迎です!

 

 

2010年3月 5日 (金)

素敵なペーパーホルダー

生徒さんの作品ができました。

これは、なんとペーパーホルダーのパーツになります
ホームパーティーなどの時に、テーブルの上に置いても引けを取らない
ペーパーホルダーが欲しい!ということで、こんなに豪華なホルダーが出来ました

これは是非、ペーパー入りの完成品が見てみたいですね

パーティーにいらしたお客様、みんな欲しがるんじゃないかしら・・・

何てことないアイテムにさえも、気品を求める。。。
真のセレブとはこういう事なのですね
すごいです003_r

生徒さん作品 お豆

001_r 生徒さんの作品が出来上がりました。

木目模様のお豆ちゃんです
煮色をしたら銅の色が一段と渋くなり
とっても素敵なお豆になりました

伝統彫金となると、材料作りから手間がかかるものですが
生徒皆さん、材料作りから楽しんでおり
作品が完成するまでの道のりは長いですが、
完成したときの感動はヒトシオです

このお豆はペンダントトップなので
生徒さんが作品を身につけて教室にやってくる日が
楽しみです

銀座で彫金教室 METAL HEARTS

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ