« 煮色のブローチ | トップページ | 銀座一丁目の指輪のサイズ直し »

2010年10月17日 (日)

岡野園

 今日は菓子切りの袋を買いに、東大宮にある岡野園さんに行ってきました。

 大宮駅で大きなお店を構えていらっしゃった岡野園さんは、昨年に東大宮に引っ越されていました。とても綺麗で、展示がすっきりしておりました。店主の岡野初美さんお手製の栗の羊羹は まだ作ったばかりでほくほくと、甘味も程よくて美味しく頂きました。

 袋だけのつもりが、ついつい玉露用の茶器を買ってしまいました。。。。

 私は長く家族と離れて暮らしていて お客様を招いたり家族で団欒というものに大変強い憧れを持っており、これでやっと茶器を揃えても無意味では無くなった訳です。家族皆がお客様大好き人間なので これからどんどん楽しみたいと思います。

 玉露は普段使いで飲むようなお手ごろな価格ではありません。でも使いたい。。。そうしたら岡野さんが教えてくださったのには、関西は小さな茶器で関東は大ぶりなんだそうです。関西は いつも温かいお茶が飲めるように小さいそうですが、なるほど、ちょうど中間地点にある私の実家の富山では 割と大きめの茶器ですが、お茶をなみなみと注ぐと もうこれ以上注がないので、帰ってください の意味なのです。

 面白いですね~!すごく勉強になりました。

 お店には本江敏彦さんの 加賀象嵌の建水がありました。今年の夏に亡くなられた、私の地元の作家さんです。ここでまたお会いするとは、感無量でした。

 

 

« 煮色のブローチ | トップページ | 銀座一丁目の指輪のサイズ直し »

ご縁のあるお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡野園:

« 煮色のブローチ | トップページ | 銀座一丁目の指輪のサイズ直し »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ