« 佐々木工具店 | トップページ | 賢者の贈り物 プロポーズ »

2010年12月18日 (土)

第31回あらかわ伝統技術展

 荒川区の伝統技術展 行って来ました。

 お昼頃に出没して結局終わりまで過ごしてしまうほど時間が経つのを忘れてしまいました。

 様々な伝統技術があって、それを生業にして生活されている職人の方々 江戸らしいなんとも言えない愉しさが一杯で ついつい衝動買い(涙)

 裁縫が出来ないのに更紗を3枚も買ってしまいました。サヨナラ福沢諭吉さん。

 入り口のところに昔の絵が飾ってありました、たとえば 研ぎ師 や 糸師 といった職業の名前と共に。出品されていた松本隆一さんは 現代では鋳物師 といいますが 昔は そう書いて いもじ と呼んだそうですよ。

 彫金師も今の言い方で、江戸時代頃はまだ 白銀師(しろかねし) 金彫師(かなほりし) と言われていて 私の地元 高岡の高岡城がある近所には 白銀町 や 金屋町 など地名でも残っています。

 独身だったらこの絵がどこからの出自で、資料など探したでしょうが おチビさんが居るため精神的に不完全燃焼状態。

 おチビは松本育祥さんに でんでん太鼓を買って貰って満面の笑み。

 太鼓には麻の葉の意匠の布が張られていて、麻というのは大変強い植物なので 丈夫な子に育つように、という意味があるのだそうです。また、でんでん太鼓そのものが 裏表の無い子になる という意味も。

 アンケートに答えて抽選で職人のものが当たるイベントもあります、駐車場は無料。

 是非お出かけ下さい。明日の午後5時までです!

« 佐々木工具店 | トップページ | 賢者の贈り物 プロポーズ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第31回あらかわ伝統技術展:

« 佐々木工具店 | トップページ | 賢者の贈り物 プロポーズ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ