« Sさん ご結婚おめでとうございます。 | トップページ | 看板の無いジュエリー屋 »

2011年2月 9日 (水)

ベトナムから こんにちは

 e-mail で 体験リングのお申し込みがあった日、ふと頭にアオザイがよぎって(実は私はアオザイが世の中で一番好きなお洋服のスタイルです) こんな実用的でかつ、儀式にも使えるし 日本は、あの貫頭衣のような衣装は古代の俗人のもので、実は貴人というか渡来人のエリート達はアオザイみたいな服だったのではないか なんて考えておりました。

 さて、体験の方がお見えになった時は 複数の女性しか居ませんでしたので(私も女子なので) お互いとても緊張した感じでしたけれども あとで打ち解けてたくさんお話ししたところ、なんとベトナムから体験リングを申し込んで 陰暦のお正月を利用して日本に来られたということでした、本当にびっくりしました。

 四方山話から、ベトナムの成人の恋愛といったら まるで日本の中学生レベルだそうでそれはそれは 純粋なのだそうです。一昔前の日本どころか、もっともっと昔の日本のようなのだそうです。私は大興奮しました。結婚指輪はプラチナではなく、金が主流だとか、旅行に行くなら ホイアンがいいですよ、とか それは楽しい時間でした。

 半年後にまたお見えになられるそうです。お待ちしております!ベトナムに戻られてから、お子さんの写真を送って下さいました。とっても可愛いですね!ネットに掲載できないのが残念。子供って親に似ているからますます可愛い!!!!

 さて、今私は200万円持っているのですよ、とその男性はお金を下さいました。

 Photo

 うっそぴょーん。これはベトナムの紙幣で200万ドン?だったかです。  ホイアン行きたい 絶対行きたい~♪と騒いでおります。が、赤ちゃんを連れて行くには大変なところみたいで(バイクの交通量が凄いそうです) しかし純粋な人達が暮らすベトナムで子供を育てられたらきっと、綺麗な目のまま大人になってくれそうです。

  帰宅してアオザイをパソコンで調べていたら、ベトナムのお洋服だったのですね。なるほど、それで朝にアオザイが突然出てきたのかと 納得しました。ウチに一着あるのですが 太って入りません。チャイナドレスより品があって、着物より動きやすくて 日本の女性でアオザイが流行ったらいいのになあ。

Photo_2

ほいやん。初めて耳にした時は ほいやんだと思ってました。

« Sさん ご結婚おめでとうございます。 | トップページ | 看板の無いジュエリー屋 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムから こんにちは:

« Sさん ご結婚おめでとうございます。 | トップページ | 看板の無いジュエリー屋 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ