« 毛彫り鏨 | トップページ | 木目金体験リング »

2011年3月31日 (木)

2011.3.11 福島からの封書

 2011.3.11 の消印で福島から封書が届いておりました。それはお直しのものが中に入っており、直した後に送ろうと持って行っても 届くかどうか分からないと受け取ってもらえず 郵便局なら動いているのをテレビで見ていたのでお送りしました。

 届いたとのご連絡を頂き、さらにご家族が全員無事だったとの事で 御顔を存じ上げない方ですがお互いに無事を喜び合いました。当方に送った後の大震災だったそうで、届かないと諦めておられたそうです。

 昨日は同じ銀座の取引先にお伺いしたところ、店舗前の大きなガラスに亀裂が入っておりました。そして、お世話になっている方のご実家が東北の方で家は流されて15日まで家族と連絡が取れなかったそうです。ご家族は全員安否が確かめられて無事だったそうです。

 余震は関東沖でまだまだ続いております。意気消沈しますがこんな時にこそ仕事をして経済が少しでも回るようにするのも奉仕だと ある方の文を読んで ひるんでいてはいけないと思いました。そして地震で取りやめた筈だったのですが トルコから地震がなんじゃと習いに見えて その貪欲さに(勉強に対するいい意味で)後ろ向きな自分を恥じました。

 小さい子供さんがいるお母さんは日中は旦那さんがいなくて不安でたまらないです。私の大学時代のたった3人の友達の内、1人は生まれたばかりの赤ちゃんを抱え もう一人はお腹に赤ちゃんがいます。私もチビがいるからとてもよくわかります。こんな時だからお子さんがいるお母さん達はメールだけでなく、会って気分を明るくする必要があると思います。

 明日は 渋谷の彫金教室 クルーシブルの社長(同級生)と上野でランチをしながら、将来の事や家庭の事を話し合う予定です。私達同級生は結婚がバラバラだったのにどういう訳か子供が同じような年齢で話が合うので心強いですね。彼とランチをするのは10年来かも。大学を卒業してすぐに、上野でランチして、私が飲んでいたコーヒーに 自分が飲んでいたパイナップルジュースを入れて悪戯し、それを飲んで余りのまずさに吹いてしまった思い出があります。

 当時、2人でランチをしていることは彼女には言えないと言ってましたが、お互い幸せな家庭を築いているんだからもう時効ですよね!って そもそも まーったく何もないんですけどね。鍵をかける習慣のない私の一人住まいに 道路を隔ててお向かいだった彼が遊びに来て突然ドアを開いたら 下着一枚でフラフラしている私に遭遇して腰を抜かしていた 程度です。

 

« 毛彫り鏨 | トップページ | 木目金体験リング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011.3.11 福島からの封書:

« 毛彫り鏨 | トップページ | 木目金体験リング »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ