« ナショナルジオグラフィック | トップページ | 打ち鏨 »

2011年5月 9日 (月)

生肉と四分一

 私の故郷で生肉の事件があり居た堪れない気持ちです。この事件があるまで生肉用として 馬刺しとレバー以外は無いと初めて知りました。昨年のウチの忘年会は桂師匠以外は全員、レバーを一皿オーダーする大盤振る舞い?でありましたが、これも店長に頼んで前々からお願いしたものでした。レバーはなかなか手に入らないと聞いていたからです。

 ユッケは牛肉の表面を削ぎ落とした中のお肉を使用するらしいですが、それでも無菌という訳ではないそうです。道理で、貧乏学生時代に間違って入ってしまった 敷居の超高いお店でメニューを開いたら一番安いステーキ7000円だったので お肉しか頼まずに涙目で食べた後、数時間後に人生終わるかと思うほどの嘔吐に見舞われ、一緒に食べた友人も嘔吐し、二度も深夜の病院に駆け込んで二度目にはモルヒネを打たれて 麻薬とはこういうものなんだなあという幸せ感でやっと眠りにつきましたが 友達の方は1週間は点滴をして通院していました。医者はちゃんとしたお店なら問題ないと言いましたけれど当時は若かったし、対処療法で直ったとしか思えないほど酷かった。吐くものが無くても腸から捻じれてごぼごぼと絞り上げるようにして吐いたと言えば どんなに辛かったか分かって頂けるでしょうか。

 お食事しながらブログを読まれていたらすみません。

 お肉ってば生で食べるものじゃないんです。もともと。牛肉のたたきも、狂牛病をきっかけに姿を消しましたがきっとお肉屋さんが一番分かってたんじゃないかな。

 で、そのお肉と四分一に何の関係があるかと言うと、四分一を煮色するにはお肉の雑菌だらけの表面を取るように、四分一も表面の酸化膜を取らない限り色は出ません。銀色の表面を削ると、中から美味しそうな赤い金属が出てきます。

 それが言いたかっただけです、今日はここで終しまい。

 追伸。

 本日、賢明な生徒さんに伺ったところ かつおも皮と身の間にうようよ菌や虫がいるから、炙ってあるのが良いそうです。ちびっこのホタルイカだって立派なイカなので、お刺身で食べる時は内臓を取らないと イカの中にいる寄生虫が人間の胃や腸の壁を食い破って動き回るのでお腹を切らなくてはいけなくなります。要注意。

« ナショナルジオグラフィック | トップページ | 打ち鏨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生肉と四分一:

« ナショナルジオグラフィック | トップページ | 打ち鏨 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ