« 空を飛ぶ結婚指輪 | トップページ | 地球の隅で秘かに声を荒げる~楊枝の巻~ »

2011年5月28日 (土)

帯留

 
  生徒さんが一人 着物を着てとても楽しかったそうで現在帯留を製作中です。
  着物は帯やら何やらと必要なため、帯留まで気を遣うのは本当のお洒落さんです。今は紐を組んで帯止め無しのスタイルが多いですね。
  着物ブームは依然続いており現代版帯止も見ます、裏を見て唖然とするのが帯止めの金具。
  幅広過ぎるのは見た目でその無骨さに気分が悪くなる上に、金具が高くてこれではテーブル席に着いたときにぶつけてしまいます。あと、金具の端の始末が りょうさんひーん って感じで高価な組み紐は通したくないですね、ほつれます。

 骨董の直しで帯止めが来ると、銅の裏板に赤銅の金具がついていたり 四分一に片切で粋な彫がしてあるなどしてあります。勉強になるからまたやろうかな。
 
 帯止めはハンダで足を立ててあり これが修理のときや付け替えのときに助かる。
 品物を傷めないでブローチやネックレス等に作り変えることが出来ます。
 
 色んな便利な機械や工具が溢れているけれど 私は手先で金属と対話する事が楽しいなあ。

 さて 帯留が出来上がるのも楽しみだし 身に着けて行った先々で帯止めから会話が生まれるのも楽しみ。
 
 
 
 
  

« 空を飛ぶ結婚指輪 | トップページ | 地球の隅で秘かに声を荒げる~楊枝の巻~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帯留:

« 空を飛ぶ結婚指輪 | トップページ | 地球の隅で秘かに声を荒げる~楊枝の巻~ »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ