« 蛇の楊枝をお求めのKさんへ | トップページ | 田村伝統彫金 »

2011年12月 3日 (土)

大草原の小さな家

E5a4a7e88d89e58e9fefbc91

 私は中学生くらいになるまでずっと、アメリカ人は 「大草原の小さな家」に出てくる人達の様に長いスカートを履いて、馬に乗っていると思っていました。このドラマで繰り広げるような人間関係や暮らしぶり、思想など 強い強い影響を受けました。多分、このドラマに出会えなかったら私は地に足がついた仕事や生活を選ばなかったと思います。

 昨日、今日と アメリカから一時帰国された生徒さんと、ご主人、まだ5カ月のベイビーちゃんと久し振りの再会となりました。私が独身時代にずっと通って下さった生徒さんで、急にアメリカ行きが決まったと同時に私が妊娠して それを聞いて安心してアメリカに発てると言われたことを昨日の事のように思い出します。Hさんも、人生が急に変わられてアメリカで赤ちゃんを出産されて本当に人生というのは分からないものです。

 アメリカに行きたくなりました。

 「なーんにも無いところですよ」と言われて、

 「大草原の小さな家みたいな?」と聞いたら まさにそうなんだそうでして おうちを再現した所があって、そこで毎年大草原の小さな家コンテストがあるそうです。

 Hさんのおうちは 小さな家じゃなくて とーっても大きな家です。大草原に立つ大きな家で赤ちゃんものびのびと育たれることでしょう!めちゃくちゃ可愛い赤ちゃん、また遊ぼうね!

 

« 蛇の楊枝をお求めのKさんへ | トップページ | 田村伝統彫金 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大草原の小さな家:

« 蛇の楊枝をお求めのKさんへ | トップページ | 田村伝統彫金 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ