« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

接ぎあわせのバングル

_r


009_r


  プラチナとピンクゴールドの接ぎあわせバングルです。

 

   丸くするまでがなかなか、久々に強い獲物に出会った感じです。

石田三成殿に捧ぐ

Photo


 石田三成が生まれ変わったらきっと彼みたいな方だろうというお客様より 木目金のバングルの注文がありました。ホント、顔が瓜二つです。たまたまネットで画像を見てひっくり返りそうになりました。

Bannguru_r


煮色する前です、どんな色が出るかとワクワクしていたのですが 割と地味になってしまい ちょっと私がイメージするI葉さんではない。

007_r


 黒塗りの鎧が似合うような 細身の俊敏なイメージの男性で 黒豹みたいな感じです。だからシャープな黒と、赤を組み合わせたかったのであります。

 仕事は難しいほどやりがいがある という言葉を普通にさらっと話される、働き盛りの30代殿に 私の数日の手仕事を捧げまする。

2012年3月30日 (金)

木目金体験でこんな指輪が出来ました。

Mokume327_r

綺麗です。ホントに木の皮が巻いてあるようです。


Gyuutann_r

この日のおやつに N夏さんから 牛タンのせんべいを頂戴しました。20パーセントもタンが入っていて 思わずビール!と叫んだ我らであった。これが赤銅ならどういうことになるのだろう!N夏さん、珍しいものをありがとうございました。


_r

画像UPです。しばらくは体験で通って、ゆくゆくは金・プラチナで指輪を!という夢があるみたい。夢は叶えて差し上げたいですね、ヤギ先生。宜しくお願いします。


Tamura_r

田村さんも仕事してますよ。

Bannguru_r

バングル、たっぷり地金がついてます。

 

2012年3月28日 (水)

銀座一丁目のジュエリー修理&サイズ直し

この日は私だけがぽつねんと会社におりましたので 依頼者の女性とゆっくりお話しすることが出来ました。

 

 多分、どこもやるところがないというか 自社ブランドじゃないと受け付けてくれないのかもしれません。思い出のある大切なうさぎのストラップ。頭と体が離れてしまいまして 再度つけました。

_r


 元に戻って良かった良かった。

_r_2


 こちらはインカローズの指輪です。習い事をされている先生から譲り受けたものだそうです。これで彼女の指でいつも一緒ですね!赤がご縁のある色かも分かりませんね。

 

 また何かありましたら いつでもいらして下さい。

2012年3月27日 (火)

4月の予定です

桜の便りが聞かれる頃になりました。早速、4月の予定をお知らせ致します。

田村伝統彫金 4月2日(月) 9日(月) 16日(月) 23日(月) 午前10時半~17時
大野伝統彫金   6日(金) 13日(金) 20日(金) 27日(金) 午前10時半~21時
             14日(土) 21日(土) 28日(土) 午前10時半~17時

となっております。ご予約をお待ちしております。

桂盛仁先生の彫金教室につきましては、このアドレス morihitokatura@yahoo.co.jp に直接、お問い合わせをお願い致します。

さようなら 朝日カルチャーセンター横浜 伝統彫金

 桂先生は約20年、私が約10年 アシスタントを務めた 朝日カルチャーセンター横浜のお教室が本日にて最終日となりました。本来ならば私、田村が最後の御礼を申し上げに行かなくてはいけないのですが 銀座にとどまらねばならず代わりに、大野允裕がご挨拶と片づけに行きました。

 

 アシスタント初期はまだかろうじて20代だった私も やがて病を得て体が思うようにならず遅刻気味になったり 母を亡くして魂が抜けたようになってしまった3年間・・・ 結婚して子供も生まれたり スリムだった体型がいつの間にやら体が2倍に膨れてしまいましたが 35年間もの長き間に続けられた生徒さん達はお休みされることが殆どなく、このお教室を楽しみに毎週お見えになっておられました。その中で年齢から体調を崩されて何人もお別れしたり、新しい出会いがあったり そうそう、桂先生が人間国宝に認定された時はみんなで大喜びしたものでした。

 始めた頃は、皆さんがとても彫金が巧くて なんで伝統工芸展に出品されないのかと 不思議で仕方が無かったものです。鏨からおしみなく教えられる桂先生の姿も衝撃的でした。

 横浜の方々は品が良くて穏やかな方たちばかりで居心地が良かったです。また、私の祖母と年の変わらない生徒さんには 戦中戦後の話、その後の豊かな生活やのんびりした暮らしなどのお話を聞かせて頂き 世代の大きな違いから色々学ぶことが出来ました。

 

 思い出話は尽きませんが 物語には始まりがあれば終わりもあります。このご時世で何度か危機を迎えていたお教室は、時代の流れにより閉鎖とならざるを得なくなりました。

 長い間お世話になりました。ブログにて感謝の気持ちを申し上げます。

 ありがとうございました。

 

薄肉レリーフ

 生徒さん初レリーフです。

 大きなものを打ち出す時は 薄肉レリーフ というやり方で裏出ししてから表を整えて行くのが特徴です。

_r


 ただもう、凹凸を鏨でデッサンしていく感覚です。高さが出過ぎてしまうのが初心者にありがちで、薄い中に立体を見せるのがテクニックです。海外のコインがそうですね。

 横顔なのは、顔がはっきり見えるからだそうですよ。

 

 このデザインは 波に兔 というもので凧の図案に見られるようです。生徒さんに楽しい思い出があるのかも分かりませんね!鏨は表面に尖りの無いなめらかな太い鏨を使用します。太いので削るのはメチャクチャ大変で、大学時代にこっそりグラインダーで削っていたら 助手にすっごく怒られて グラインダーの音以上にギャーギャー泣いた思い出があります。

 時間をお金で買われる方は、 よりご購入下さい。私だったら買って それを見ながら作ります。生徒さんはお教室で見て、自宅で作ることが出来るからいいと思います。私が学生時代に作った打ち鏨は全て、桂師匠に駄目と直させられてしまいました。

 なるほど ととても感心したのを覚えています。

2012年3月24日 (土)

残りものには福がある

011_r

生徒さん作品。

木目金の残り地金で作った指輪です。婚約指輪のダイヤをリメイクした後のプラチナリングに、金・赤銅で作った木目金をローづけして 腕はサテン仕上げ(画像ではわからないけれど)した 遺跡から出てきた様なリングが出来上がりました。

 出来上がった時、一同 どよめきました。手づくりが人に与える感動って何なんだろう!

 すっごく素敵なこの指輪は贈呈用なのだとかで 作られた生徒さんは手放すのをかなり惜しがっておられました。

 残りものには福がある。結婚も、晩婚は精神的に熟しているからならではの 幸せがある。ホントだよ。我が教室も開いて6年、生徒さんに恵まれて活気が出てきました。皆様に感謝致します。ありがとうございます!

 

 

専門学校時代のお友達2人で

006_r 002_r Gaikotu_r

彫金の専門学校時代からのお友達2人が、体験に見えました。体験を楽しんで頂けるだけで私達はとても嬉しいのですが 男性のお友達には更に入会頂きましてありがとうございました。これから鏨を中心に作品展開をしていきましょう。

 お二人ともとても若くて溌剌として 女性のお友達の方に土下座して写真を撮らせて頂きました。女性が最も美しい時にちょっとでも撮影出来て良かったです。下心ではなく親心ですよーだ。宝石のように美しい瞳の女性でした。

 あ、おたふく鎚の傍らでたたずんでいるのが 彼女のお友達じゃないですよ。お友達が作った作品です。

 ではまた お待ちしております!女の子も遊びに来てくださいね!

2012年3月23日 (金)

中学校時代からのお友達と体験!

002_r

 皆さん、友達いますか。中学校時代からのお友達お二人で見えました。中学校以来とはなかなか無いですよね。奥の男性が車で お友達を御迎え&送りです。

004_r

 チェックのシャツを着た男性は早々に投げてしまい お友達に怒られてしぶしぶ彫っている所です。

008_r

 何にもしないお友達を尻目にどんどん仕上げます。

003_r

早く終わらないかな この後、銀座のレストランで美味しいもの食べたいんだよね

009_r

お酒が飲めぬ故 送り迎えするのは私であるぞ!

012_r

 出来ました、特大27号の指輪。

011_r

 投げた友達は板のまま。

 そんな楽しいお二人でした!木目金体験の方は、思ったより大変なことに驚かれますが それだけに達成感があります。そして、巷で木目金のジュエリーを見たら この大変さを思い出して下さい。

 お二人さん、お揃いでまた来て下さいね!

2012年3月22日 (木)

伊勢丹 ジャパン センスィズ

 羽根の彫りと透かしで 優美な世界を作り出される 秋濱克大先生の作品が見られて かつ購入も出来ます。
 伊勢丹 ジャパン センスィズお出かけください!

2012年3月14日 (水)

JAMCA PRIZE ハービー山口賞受賞 2011

Imgp1255_3_r

 2011年3月11日以来、釜石にて 休日に関東より釜石へとボランティアに行かれている 蔭山達矢様の写真です。昨年、山口ハービー賞を受賞されました。

Dsc_0681_r

3月10日の釜石市でのボランティア作業から、いまだに床板をはがして泥だしをする作業があります。蔭山達矢様談)

Dsc_0688_r

3月11日、釜石市唐丹町。港には瓦礫が山積みになったまま。

小雪舞うなか、震災から一年の朝を迎えました。(蔭山達矢様談)

 

 震災以来ずっと一年以上ボランティア活動をされていて 当時は匂いも酷く、盗難もあれば 金属類を持ちだす海外の方もいらっしゃったそうですが それでも片付くなら という雰囲気だったそうです。一年経っても2枚目の写真を見ると 復興はまだ先なのだろうかとため息が出ます。

 2012年3月11日 午後2時46分、山手線以外の路線は全て運転を止めたそうです。

 今改めて 蔭山達矢様が受賞された作品を見て 希望と云う言葉を東北に向けて祈ります。あの時、1万9000人以上の方々が津波で流されて帰って来られなくなりました。鼻や喉に土が詰まって亡くなられた方は、苦悶の表情だったということです。私達は生きていることを感謝し、これから近い将来に起こる大災害に向けて一日一日を大切にと思います。私はこれから起こると言われている関東直下型地震は、津波よりも火災を恐れています。どの人も伴侶や恋人、子供たち、フィアンセ、友達たちと別れる事がありませんように。私は誰とも別れたくないですが いざとなれば潔く諦めます。その為に、ブログは生きた証として綴って行くし今、自宅で娘に遺すジュエリーを制作もしています。私は間もなく死ぬかもしれない。だから、出会う方々、共に過ごす時間を大切にと思っています。

 蔭山達矢様に色々と学ばせて頂いております。数日忙しくて11日にUP出来なくて申し訳ありません。また続きを綴らせて下さい。

 

 

2012年3月10日 (土)

ムキムキ金曜日

Taiken_r

 この頃は金曜日に大野允裕こと ヤギ先生の木目金体験コースが人気な模様です。私はもう誰がどこからいらっしゃるのか分からない状態なので この日見えた若い筋肉ムキムキの男子2人に男子生徒さん1人、ヤギ先生と4人の男子が小さな教室で熱気ムンムン。ヤギ先生は教え方が懇切丁寧なゆえ 体験のお二人の目がキラキラしているのが印象的でした。この指輪は彫りを入れてみたものです。

Taiken2_r

 こちらは 赤銅入りです。鎚目をつけると 叩き締められて一層綺麗に黒く光っていました。地金は締まっていると発色がよいのです。だからキャスト上がりの赤銅はよく叩いて下さい。

 夜は 秋の もみじの打ち出しの女性と 桜の象嵌に挑戦されている男性 や ぐい飲みを鍛金でガンガン叩いてストレス発散されている爪コレの女性 布目象嵌で ぽんぽこタヌキのペーパーウェイト制作の女性、結婚指輪専門のSさん!など みんなそれぞれで楽しかったです。あと、光をテーマにした作品展開をされているTさん、光についてまた語りましょう。

 お休みだった生徒の皆さま 残念でありましたがまた来週~♪ばいびー

2012年3月 8日 (木)

木目金で 誕生日大作戦

006_r

 全世界の、木目金体験で何か作ってみたいと思っている こだわりのある あなた様。

 お待たせしました。木目金体験で制作した ネクタイピンでございます。

 明後日誕生日の彼はどんな顔をされるでしょうか。男子諸君は如何ですか?伴侶の女性が丹精込めて作り上げたタイピンは、ふとした時に心強いものですよね!何しろ社会に出れば七人の敵と云うほど ビジネスの世界は今も戦闘や睨みあいが繰り広げられております。

 裏には彼のニックネームが彫ってあります!

 金具はちょっと見た目は無骨ですが、ワニ口というギザギザがあるものを使用しました。何故なら、これがネクタイから落ちにくいからです。

 11日 日曜日に男子2人が木目金体験でお見えになり お1人は会社社長なのでビジネスアイテムとしての木目金をいくつかご提案しようと思います。もうお1人の方もリングからそちらに変更かもわかりませぬ。

 さてさて、Mさんの誕生日プレゼント作戦 成功しますように!

 木目金体験でタイピンやカフス作れるのは こちらであります。

奨励賞おめでとうございます!

第26回「現代日本の七宝」展で 皆さまご存知のYNさんが入選と奨励賞を受賞されました!おめでとうございます。

 会期 平成24年3月6日(火)~3月12日(月)

 会場 上野の森美術館ギャラリー

 時間 10時~17時(12日は15時まで)

 主催 特定非鋭利活動法人 日本七宝会議

2_r 2_r_2 Nさんらしい独特の世界です。

 是非お出かけ下さい。

 メタルハーツでした!

2012年3月 5日 (月)

辻誠司さんがお見えになりました。

001_r

今日は冷たい雨です。とっても珍しい方から携帯にお電話があって掛け直しましたら、ナント銀座でタクシーを走らせていらっしゃる途中でした。メタルハーツに向かって。

出会いは昨年の3月11日がきっかけでした。私が真っ先にしたことは、お米とおむつ、粉ミルクの買出しでした。お米はすぐに何処も無くなり 横浜の成城石井にならお米があると聞いて買って帰ったものの 不安が尽きないときに革の作家さんである中嶋たけおさんの紹介で 石川県白山市の辻誠司さんを紹介されて我が家はそれ以来ずっと送って頂いております。お米と水さえあれば人間は生きていくことが出来ます、1歳のお誕生日も停電で暗いお誕生日会だし 余震が続き(現在もですが)会社も辞めようと頭が変になる中 お米がたくさんあったのは安心でした。    関東直下型地震4年以内に70パーセントといわれる中、30キロもあれば安心です、それと北陸のお米は放射能の心配が無く辻さんのお米は大変美味しいです。私がおススメなのはコシヒカリ30キロ 送料込み(石川県~関東)10260円です。精米代は別途100円です。  お問い合わせは 090-2122-2565 辻誠司さんまで。    辻さんはお米の勉強で時々東京にいらっしゃるそうです。研究されている内容がお米と一緒に届きます、私は仕事に取り組まれる姿勢に感じて今までもこれからも顔が見えないけどお頼みしようと思いました。それが思いがけずわざわざお出でくださるなんて感激でした。  辻さんは季節になると加賀の立派な野菜や大きな栗などがおまけで別便で届くこともあり楽しみの一つです。皆さんも是非一度はご注文なさってください。  ウチの生徒さんもリピーターの方がいらっしゃって 嬉しかったです。  お米の他、農作物の話も面白くて話が尽きなかったです。マリーゴールドを植えると害虫が来ないなどもっともっとお話を聞きたかったです。今年から奥様と一緒にお仕事をされるそうです。夫婦二人三脚で健康で一緒に仕事が出来るなんて何ともうらやましいです。夫婦で歩まれてこられた笑顔って素敵ですね、みなさん先輩夫婦を見習おうではありませんか。ますます実りある夫婦生活でありますように願っております。私もこんな笑顔になりたいです!            

2012年3月 4日 (日)

東北芸術工科大学 卒業・修了展(東京展)

 金子透先生にお会いしないかと声を掛けられれば出不精のさすがの私も出かけないわけにいきません。日本クラフト、高岡クラフトなど数々のコンペでグランプリを総なめにし賞金稼ぎ王とも言われた金子透先生とは、高岡クラフトでお会いしたきりもう10数年以上もお会いしておらず かつて金子先生の教え子を教えることにもなったこともあってご挨拶だけに数分お伺いして帰ろうと思っておりました。
 
 場所は北青山。一等地です。まったく知らなかったのですが、ここに京都造形大学・東北芸術工化科大学の外苑キャンパスがあり 大きく立派な建物にまず度肝を抜かれました。
 
 桂師匠にくっついて行き、先生も10分ほどしたら失礼しようと言われていたのが なにやら艶かしい美女と話し始めたかと思うやいなや 大野先生が「帰れそうにも無いですね」と笑うのであった。
 
 43

※ご本人の了承を得ております。

 その艶かしい女子大生は 鳥飼恵理子さん。3メートル以上もある鍛造です、「Tower」というタイトルです。自宅でヌードになって一所懸命デッサンされたそうです。学校でデッサンしたら良かったのにとからかったら、本気で恥ずかしがられておられました。

48

 これは受賞された 武藤元気さんの「咆哮」です。
 舌も顎も動きます。背中にも乗れます。いやはや 日ごろ小さな世界で生きているので大きさに驚いてしまいました。なんとまあ皆さん元気なこと。


 
 35

 大野ヤギ先生は何処でしょうか。

37


41

 まったく(笑)


49


50

 また紛れて姿が消えちゃうし。


 

40

 陶器で出来たおぢさん。様々なシーンでのおぢさんが居ましたが 飲んだくれのおぢさんは見つかりませんでした。うーん、友達になりたかったです。


39

 かなり心が惹かれて裏に回り遊んでいたら 鳥飼さんが説明してくださいました。これは全て草木染だそうで、染めているときに手も染まるところに作者が深く感じるものがあってこの作品が生まれたという事です。説明を聞くと聞かないとではまったく見方が変わるものだと思いました。


38

 壷をかき回している学生が居て 勇気を出してナンですか と聞いたら藍だと言われていました。藍は葉を発酵させて染料を出すそうで 攪拌していないと腐ってしまうそうです。発酵している状態が還元状態で、布(あるいは手など)を付けて空気に触れたときに酸化して 藍色になるそうです。この作業は冬場しか出来ないそうです。学生さんはこの生きている藍をかき回しているのが好きなんだと話しておられました。


 説明を受けて染色の奥深さを一つ知り 何事も歴史や技術があるのだと感心しましたし、彫金も一般にはよく知られていない部分が多いから それを守り伝えていくことと 説明することが肝心だと思った次第です。

 金子透先生はお会いできませんでした。
田村「アポイント取られたんですか」
師匠「全然!(にっこり)」

 鳥飼さんずっと説明とご案内をして下さってありがとうございました。
 
 自宅に戻りましたら、京都造形大学通信教育部の資料が届いておりました。
 ん?何が始まろうとしているんだ我が家は・・・・
 そして入学説明会の会場は 東京外苑キャンパスでした(笑)


  展示は3月8日(木)までです!


2012年3月 3日 (土)

本日の桂彫金塾

005_r

お茶道具の蓋物。高肉象嵌であります。家紋のようです!現在炭研ぎです。今日は煮色に辿りつくかもと大根をお持ちになられましたが至らず・・・・

006_r

打ち出し開始!コアリズムのインストラクター ヤ―ナのように、さあ絞って絞って!と心の中で呟きます。

007_r_2

彫り練習です。

002_r_2

授業風景を撮影したくて構えていましたがずっとカメラ目線の桂先生でした。先生、普通にお願い致します!

003_r

直々に教えて頂けるなんて私も羨ましいです。私は音を聞いて贅沢をさせて頂いております。私は大学を卒業してからは彫金を耳で学びました。

004_r

 桂彫金塾は少人数でしっかり学べるところが良いところです。技術だけではなく色々な四方山話が非常にお勉強になります。桂先生今日もありがとうございました。

お菓子達

007_r

ゼリーにチョコレートでコーティングされた スィーツです。

010_r

スイートキャッスル。色が目にしみる。最近ピンクに飢えていたような気がする。早く桜の季節になって欲しいですね。

009_r_2

 鎌倉のお菓子です。これから鳩サブレに続く名物になるかもの くるみがぎっしり詰まったお菓子でした。鎌倉はりすが多いそうです。

 ブログにUpしてないお菓子もとても多いです。皆さん、いつもありがとうございます!

枯れ葉のレリーフ

001_r

薄肉レリーフです。枯れた紅葉の葉を表現されようとしていらっしゃいましたが 段々活き活きとしてきてきました。

 002_r

切りぬいたところです。これからギザギザを入れて行きます。

この軽やかさは鏨仕事ならではです。じっくり取り組まれた作品は 時に本物のモチーフよりも本物らしくなることがあります。

ベビースプーンと金曜日のヤギ先生教室

ベビースプーンです!

009_r

彫りのデザインと石の組み合わせのセンスがいいですね!大野允裕先生の指導の元 綺麗なスプーンが出来ました。

011_r

我が家もベビースプーンは使いました。子供はスプーンを逆さにすると食べ物が落っこちるという意味が分からないので、スプーンの凹み部分は深い方がいいです。そして、赤ちゃんの口が大きくなるのはあっという間なのでベビースプーンは案外大ぶりが良いと思います。

1歳を過ぎた頃です。この頃はスプーンをひっくり返して食べてないですが、使い始めの頃はひっくり返して使うので食べ物が口に入らないのが不思議なようでした。でもウチは旦那の主張で10か月頃までは離乳食は上げませんでした。(母親としては離乳食を与えたかったので、それでよく喧嘩になりました)このスプーンは私が蒔絵をほどこして一生の記念にと思ったのですが 木製のスプーンは早々に噛みちぎってしまいました。

 さて 先ほどのベビースプーンは贈られた方がとっても喜ばれたそうで、またお願いします♪だったそうです。もう一人赤ちゃんが生まれるのかな?と教室内で和やかな笑いが生まれました。

 贈答用又はご自宅用で ベビースプーンを選ぶ時のコツは、地金が厚いものを選んで下さい。なぜなら皇○の方の修理のカトラリーを拝見したことがあるのですが よくお使いになられると、銀はすり減るからです。ちゃんと御紋が入っていて素敵でしたよ。あと、私の経験からスプーンを持つ所は丸くなってないほうが大人になってもずっと使えて良いと思います!銀は熱伝統率が良いので、昔のカトラリーは持つところが空洞になっており、重さを持たせるために砂が入っているそうです。

 このベビースプーンを贈られた赤ちゃんが ずっとスプーンを大切に持っていて下さいますように。また、作られた生徒さんも、色々な方にとっても感謝されていると思います!時には自分用にも作品を作られて下さいまし!

 大野允裕先生がいる教室は 銀座METALHEARTS です!

2012年3月 2日 (金)

結婚指輪の試作と雷

_r

結婚指輪の施策で、サイドに彫りを入れよう!と毛彫りで様々な彫りのパターンを入れていました。その中で選んで頂こうという訳です。

007_r

梨地仕上げは一時的なもので普段使いしていると光沢が出てきます。その為に、鏨で荒らしました。これを研いでは荒らすというのを七回繰り返すところから 七変造りという伝統技法があります。

001_r

 彼女が持ってきて下さった まねきねこの最中です。豪徳寺にゆかりがあります。

002_r

 指輪の彫りには4種類あり、3種類までは彫れたのですが4種類目が思い浮かばず 豪徳寺が雷にまつわる歴史があるという事で片切彫りで雷を彫りました。(Mさん、全種類毛ぼりと云いましたが、片切が一種類入っています)

 それでお二人がどのパターンを選ばれるかと待っていたら なんと 4種類全部入れてほしいとのご希望です。ホー 意外でした。今日は彼女がタイピンを仕上げられましたよ!素敵な出来栄えに 一同感動しました。私は彼の為に一所懸命に考えてけなげにプレゼントを用意される彼女がとても素晴らしいと思います。日本美人の花嫁を迎える彼は本国で鼻高々に違いありません。美しい花嫁姿で結婚式に臨まれて下さい。当日まで体にだけは気をつけて。

 将来、子供達が祖国を二つ持てるなんていいですね~日本での挙式だけでも見に行きたいです。彼女達が結婚式を挙げる大神宮は私達夫婦の出会いの場でした。さてさて肝心のタイピンの画像、お待ち下さいね!

004_r

005_r

 りーん。錫のおチョコです。涼やかに皆さんをお待ちしております。

ヤギ先生 「ちょっと叩きにいらして下さいよ。」

2012年3月 1日 (木)

ある日の話

 打ち合わせが進むと携帯のメールアドレスをお互いに交換してなるべく意志の疎通が早く出来るようにしています。そんなお客様のお1人が神妙な感じで 彼にも内緒で日時を指定して会いたいと言われるので 何だろう と夜 ぽつんと待っていると やっぱり神妙な面持ちでいらして、婚姻届を広げられました。

 署名をお願いしたいと言うお申し出に驚いたものの、喜んで署名と印鑑を押しました。

 私の本籍地は結婚を機に、ここ銀座の住所になっています。次に婚姻届に本籍地がここで署名するのは ウチの娘になるのかもしれないですね。

 ある寒い日の事でした。

 お二人が好きだと言う桜の季節が 近づいてきています。どうかお二人がいつまでも仲良く暮らせますように。時々お二人の事がふっと思い出されるのですが 奥さまとなられた女性の明るく微笑んだ顔がいつも思い浮かびます。

 

 

 

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ