« 彼への誕生日プレゼントを木目金で | トップページ | 結婚指輪の試作と雷 »

2012年3月 1日 (木)

ある日の話

 打ち合わせが進むと携帯のメールアドレスをお互いに交換してなるべく意志の疎通が早く出来るようにしています。そんなお客様のお1人が神妙な感じで 彼にも内緒で日時を指定して会いたいと言われるので 何だろう と夜 ぽつんと待っていると やっぱり神妙な面持ちでいらして、婚姻届を広げられました。

 署名をお願いしたいと言うお申し出に驚いたものの、喜んで署名と印鑑を押しました。

 私の本籍地は結婚を機に、ここ銀座の住所になっています。次に婚姻届に本籍地がここで署名するのは ウチの娘になるのかもしれないですね。

 ある寒い日の事でした。

 お二人が好きだと言う桜の季節が 近づいてきています。どうかお二人がいつまでも仲良く暮らせますように。時々お二人の事がふっと思い出されるのですが 奥さまとなられた女性の明るく微笑んだ顔がいつも思い浮かびます。

 

 

 

« 彼への誕生日プレゼントを木目金で | トップページ | 結婚指輪の試作と雷 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある日の話:

« 彼への誕生日プレゼントを木目金で | トップページ | 結婚指輪の試作と雷 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ