« 神楽坂から | トップページ | 双子の木目金 »

闇夜の指輪

_r_6

 台所のガスレンジ台周りは私のお掃除担当の一つなのですが 掃除には彫金でも使用するアルコールが大活躍です。

 ある日またそのアルコールでいい気になって掃除しているうちに、ガスコンロに点火したらどうなるだろうか と思いました。燃えるかな、いや、ぽっと燃えるかな やばいのかな なんて考えていると居てもたってもいられなくなって、火をつけたら予想以上に火が舐める様に広がって 実はその炎の色が大変淡くて綺麗で、妄想の中の地獄の火の様でした。大感激しつつ、なかなか消えないからガスコンロ台が変形してはまずいと思ってタオルを掛けて消火しましたけれど 真似はしない方が良いと思います。

 さて、彫り彫り仕事もいいけれど 鬱打つ仕事もどうかなと試みてみました。

 なんだかあのコンロで見た炎が似合いそうな雰囲気に仕上がりましたよ。

 

 仕上がってみると身につけたくなるけれど これはきっと誰かの指に嵌ることになるのでしょう。相手は誰だか見えないけれどきっと、感性の合う方にいつか。

 


 

« 神楽坂から | トップページ | 双子の木目金 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214201/45394422

この記事へのトラックバック一覧です: 闇夜の指輪:

« 神楽坂から | トップページ | 双子の木目金 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ