« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

ご両親へのプレゼントを木目金で

Masuda_p_r


 遠く離れているご両親にプレゼントです。これはお母様達のペンダントです。

Masuda_2_r


 そしてこちらは お父様方へのプレゼント、カフスです。

 木目金をねじるところまでは ご結婚されるお二人に作って頂き、後はヤギと妖精と私の3人で特急で仕上げました。プレゼントは大成功だったそうで、お母様は涙ぐまれたそうです。そのメールを頂いた時は嬉しくて、ヤギも妖精も大喜びでした!でもきっと 優しいお二人の気持ちにお母様が感動されたのだと思います!どうぞどうぞお幸せに、皆が幸せになられますように!!!

2012年8月29日 (水)

ファイトと脳疲労

 8月ももう間もなく終わろうとしております、今日は幾分過ごしやすいですが昨日、私は外回りで 戻った頃にはクラクラして頭が駄目でした。

 

 脳疲労を起こしているかどうかの判断に私はへミモルファイトという鉱物の名前を基準にしておりました。今はもうインプットされてしまって基準にはならなくなったのですが どうも聞きなれない言葉は思いだせる時と思いだせない時があります。朝はとても記憶が蘇りやすいので、寝る前に暗記モノをすると良いと言うのは本当だと思います。

 

 _r


  生徒さん作品の へミモルファイト。先月はラリマーに魅せられました。このナントカファイトも美しいですね。希少価値が高い鉱物のようです。

 

語源は、(半分 hemi)と(形 momr)という2つのギリシア語を合わせたものだそうです。

 水と太陽光に弱いので海水浴はおやめになった方が良いと思われます。
 

 

 では ファイト!を出して行きましょう~

 

2012年8月24日 (金)

8月の爪コレ

皆さんお待たせしすぎてごめんなさいまし。8月の爪コレは これだ・・・・。1・2・3!

_r


 夏はサンダルを履くからなんだそうです。蒔絵の螺鈿のようです。

_r_2


ピンクが入ると指が元気に見えますね!背中はT越さんです。T越さんもすごくお洒落に気を遣われる方です。

002_r


錫はこっそりブームが続く。。。。

Tomato_r

 まだ終わってないけれど暑い夏でした。今年は生野菜がとても美味しく感じられました。

2012年8月22日 (水)

9月の予定です

 残暑お見舞い申し上げます。

 暑いですね!!9月は桂盛仁先生の個展が日本橋三越にて9月19日から1週間ありますので、ちょっとだけお稽古の日が変更となります。不明な点などございましたらお電話を下さい。

 桂彫金塾  9月1日(土) 4日(火) 5日(水) 11日(火) 12日(水)

 

 大野教室  9月7日(金) 7日(金)  14日(金) 15日(土) 21日(金) 28日(金) 29日(土)

 田村教室    3日(月)  8日(土) 10日(月)

  9月も宜しくお願い致します!!!

 

2012年8月21日 (火)

木目金体験続々と

_r_2


 横浜からお洒落な男性が体験で来て下さいました。中指と小指にしている指輪も体験で制作されたそうです。銀粘土、ワックス、木目金 と技法がそれぞれ違うのも面白いですね~

_r_4


 これは本格コースです。お時間をだいぶ頂戴しました。出来あがりを見れば納得!?渋いです。チョー渋いです。

_r_5


 初心者コースはこのねじりタイプになります。

 

 木目金体験コースはほぼ随時行っております。興味のある方是非是非、お電話かメールを下さい!お待ちしております。

 03-3563-3038

  info@metalhearts.net  

素敵な木目金ペンダントトップ

 四分一と銀の木目金で出来たペンダントトップです。

_r 画像がなんか粗くてすみません。

 面積が大きいから木目も大きく見えてとても品がいい組み合わせでもありました。

 やっぱカッコいい、木目金は。皆さんが魅了されるのも分かります。

 

 意欲的な生徒さんで、アイディアや実験など果敢に挑まれるので今後の作品展開がとても楽しみです。

2012年8月18日 (土)

ギャラリーおかりや へGO!!!!

 銀座にある ギャラリーおかりや は、彫金作家が多く利用するギャラリーです。
 私は大学で秋濱克大先生にとても親切に教えて頂き、今はfacebookで毎日お会いしています。昔と変わらず、明るくて前向きで美味しい料理を作ることに私以上に執念を燃やす先生で 昔からなんか光のある方だなあと思っていたけれど 最近お会いして益々その思いに確信さえ持ちました。私は何て素晴らしい先生と出会えたのだろう。自分の卑小さに恥じ入るばかりです。とっても大好きな先生です。先ほどの記事の先生のことなんてぶっ飛びます。だから、生徒のみなさん是非お出かけください。

 

 
 Okariya

 初日は待ちきれなくて10時半に着いてしまい、先生のイメージで青いバラを探していましたが よく考えたら今は夏だわ!!!で、一番乗りでした。


Arowana


 いきなりこれだもの。脳天ぱーーーーんち!イエーイ先生かっこいい~!!!


26

 これは私が軽はずみに感想は書けないです。思わずひざまずきそうに!芸術の感動。

Buroti

 三人展のお仲間の仲剛志さんの作品です。CADの第一人者です。


Yubiwa

 とても精緻なつくりなのですが 仲さんが言われるには、まだまだ言うことを聞かなくてもどかしいみたいです。

Takahasisann2

 これは髙橋亞結さん。好きだな~


Takahasisan

 動物を真面目に作るとどことなく哀しいものだけど 髙橋さんはなんだか楽しいですね!!!


 展示は18日(土)19日(日)20日(月)です。11時~19時まで、最終日は17時まで。
 銀座ぎゃらりーおかりやへ是非お出かけください。秋濱先生は毎日いらっしゃいます。私がついについに買った羽根のペンダントは自慢したいので赤シールを貼って展示してあります。見に来てね!


2012年8月16日 (木)



 

 

 

2012年8月14日 (火)

Kさんご夫妻の素敵な写真

120616_5436_400


  お話をしていると清々しい山の風が感じられるような とても純粋なご主人と、ご主人ひとすじの奥様のことを思うと 絶対いいものを作ろう!と張り切った結婚指輪でした。とても気に入ってくださって、わざわざお姉さんも連れて長野からお礼に来てくださいました。出来上がったときは私は内心ガッツポーズでした。対面でお話をするというのはとても大事ですね。お人柄がわかると一所懸命になれます。


120616_5423_400

  結婚指輪は金プラチナじゃないといけない という私の固定観念を破った銀の結婚指輪でした。
  銀は色がやわらかくて指の馴染みもいいですね。硫化は仕方がないですが、使い続けていれば金プラチナにはない味わいが出てきます。


  結婚指輪にこだわりのない男性こそは是非、私にご相談ください。
  私は制作者なのでデザインや素材に明るいです。お話をしていると男性の方が結局身を乗り出して面白がられていきます。量産のできない、レーザー彫刻にあまり頼らない、他社ではやらない仕事量の多いものこそやりがいがあると思っています。

 スタッフがお客様の顔を見ることもなく加工指示書を出して終わりという制作を私はしたくありません。スタッフにも、たとえ磨きだけのお手伝いだとしても遣り甲斐を感じてほしいからです。
 

 

2012年8月 9日 (木)

銀座 指輪のサイズ直しその日のうちに、の理由

 時々 その日のうちにサイズ直しをしてほしいとお客様が駆け込んで来られる事があります。銀に宝石がついているようなものは当日というのは大変厳しいのですが、金・プラチナ・ホワイトゴールドであれば大体、その日のうちにお渡しは出来ます。

  でも今まで理由は聞いたことがありませんでした。

  今日お見えになったお客様に どうして今日中なのでしょうか と勇気を出して聞いてみましたところ、お父様が急逝されて明日発つので サイズがぶかぶかになってしまった指輪を直して欲しいからと話されていました。

 

 指輪一つにも色々なストーリーがあり色々な背景がある。

 また一つ心に残る思い出が出来ました。

2012年8月 8日 (水)

人間国宝 桂盛仁先生個展のご案内

桂盛仁先生の個展のお知らせです。

「人間国宝 桂盛仁 彫金の世界展」

場所 日本橋三越本店 本館6階 特選画廊

会期 平成24年9月19日から平成24年9月25日 10時から19時(最終日は18時まで)

 

新作が勢ぞろいです。会期中、毎日在廊しております。

 桂彫金塾 塾生若干名募集中

 あと2~3名募集しています。お問い合わせは info@katsura-morihito.comまでお願い致します。個展が終わられてからのスタートとなります。

003_r


 真剣なまなざしです。20代で桂先生に学べるなんてホントにホントにうらやましいです。

004_r


 毎日ワタクシも彫金をやっておりますが お勉強という形でじっくりと11時から16時まで取り組んだことが無く・・・でも先生に学んだ打ち出しの技術でこの頃は良いお仕事を頂けるようになってきました。先生には本当に感謝しています。

 

 

2012年8月 7日 (火)

海野勝珉の・・・

_r


 

 金曜日の秘密が多い生徒さんが、車で行かなくてはならない秘密の集まりに出かけらたそうです。たまたま隣り合わせになった方が海野勝珉のお弟子さんのお弟子さんの・・・といった方で もう彫金はやらないからと色々なお道具と工具を下さったそうです。その中のひとつ、おたふく鎚です。

 古いために色が地味ですが実は金の象嵌が施されてあります。おたふくの形は現代のものは○ですが、これは昔ながらの形で■です。使わせて頂いたところ、面積が大きいから打ちやすかったです。良いお道具は見た目も良いですね、楓の柄でした。柄が細いから彫りや細かな象嵌がしやすいです。

_r_2


 要らないと思われたほど色々図案もあったそうでその一部です。昔はコピー機は当然ありませんから、墨刷りといってこのように写し取ったものだそうです。

 

 多分、伝統彫金をやっていると話さなければこれらのお道具は譲り受けることは無かったと思いますとのことでした。それにしても偶然って凄いですよね。これからも彫金をお続けになられて欲しいと強く思う私でした。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ