« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月25日 (火)

今度はクリスマス

ごめんなさい。

また、ヤギなのです。
クリスマスになにをしていたかというと!なんと!大掃除!
クリスマスっぽいですね!妖精さんと二人でやっていたのですが、どうもはかどらない。やり方悪かったかな?みなさん変わったことに気が付くかな?
ヤギがやりたかった大掃除の四分の一くらいが出来たかな?
もっとやりたい。けど、しょうがない。
快適に作業していただくために、ちょこちょこがんばります!

クリスマスイヴイヴの2

最近、ヤギが多く出てきますね。うちの主ファンの方ごめんなさい。

さてさて、カップルさんの後は福井からいらした方の体験でした。なんと、翌日24日に親戚の結婚式があるということで東京にいらっしゃったようです。家族は、観光しているのに、わざわざうちで体験だなんてありがたいことです。
結婚の話続きで幸せに包まれていました。
いろいろあって、体験開始が少々遅れましたがなんとか1日で体験終了でございます。
本格コースなので、最後には煮色仕上げです。またまた、写真が分かり難くて申し訳ないですが、若干反っているというか、真ん中が窪んでいるのがわかりますか?逆甲丸といいます。木目が減ってしまうの厚さの影響でたくさん窪ませることが出来ませんでしたが、綺麗に仕上がりました。
 
 
013_r_2
 
そして、いただいたお菓子です。聞く所によると、人気でなかなか手に入らないとか。とても、美味しかったです。とても上質な絹の様でした。 
 
I_20121225224725102_3
 
そして、いきなり現れた桂盛仁先生に大感動で話をされていました。図録まで買っていただきありがとうございました。言霊ってあるのですね。会いたがっていたら、本当にひょこっと桂先生が現れ驚きました。
遅くなってしまいましたが、楽しい時間が過ぎて行きました。
結婚式はいかがだったでしょうか?きっと、幸せにあふれていたでしょうね。
美味しいお菓子を食べれてヤギも幸せです。
 

体験で結婚指輪を作ったクリスマスイヴイヴ

再びヤギでございます。

この日は、朝から結婚を控えているというカップルさんが体験でいらっしゃいました。

幸せそうで、主が不在で静かに過ごしている二人にとってとても癒される雰囲気でした。

もしかした?二人の結婚指輪にはるかも?と、いうことでヤギは、いつもより緊張しておりました。

お互いの指輪を二人で相談しながら出来た指輪です。分かりにくいとは、思いますが二つの指輪は少〜し形が違います。穏やかに丸い甲丸がいい。もっと高めの甲丸がいいと相談されていました。私は、若干形を直しただけです。綺麗な指輪です。

009_r


そして

002_r


とにかく、幸せそうでヤギも幸せでした。こんな写真も撮ってしまいました。

良い時間でしたね。

2012年12月24日 (月)

クリスマスイヴ!!

寒空の下、ここは銀座一丁目。

とある工房にヤギ一人。一人?

寒さに震えながら、カップラーメンをすすってます。

さてさて、たまにはチェッカーズでも聞こうかな。

ヤギでした

2012年12月19日 (水)

サイズ直し出来あがっていますよ!~銀座一丁目より~

本日のお昼にお見えになられましたサイズ直しのお客様、夕方前には出来あがりました。今日はもう帰りますので明日以降お待ちしております。

 金・プラチナの指輪は当日直すことも可能です。勿論、お急ぎでなければお日にちを頂けた方がこちらも落ち着いてお直し致します。

 銀は、石がついてない場合に限り当日でも大丈夫です。いぶし銀などの加工がある場合は翌日以降となります。

 

 銀に宝石やパールがついている場合はお直ししますが当日のお渡しは難しいです。

 エタニティーリングのような 一周全部ダイヤモンドで埋められている様な、極端なサイズ直しは受けられない事もあります。

 私達はサイズ直しはお客様のエピソードを聞くのが好きです。今回はお母様のダイヤモンドの指輪をお正月に身につけたいそうです。クリスマスにも間に合いました。ご連絡お待ちしております。

 

 

 

一味ちがう、一味のキットカット

154787_313469965424129_1337894026_n


 ある日。ヤギがこそこそっと、M穂ちゃんさんからです(何故か彼はM穂ちゃんを、M穂ちゃんさん と呼びます)と差し入れてくれました。のほほぉ~ん と口に入れて数秒後に広がる 熱い一味魂に私は叫びました!!!!

 美味しいです! ありがとうございます!!!!!

 さすが M穂ちゃん。いつも一味違う女性だと思っていました。

 ヤギは 一言気をつけて下さいね と言ったはずですよ と冷たく言い放つのでした。

 

 金曜日の生徒さんも皆仲良くなり、お付き合いが長くなってきましたね。今年は今週でおしまいです。約束の忘年会は来年の新年会に変わりました。新年会は例の黄色い看板で楽しく顔合わせ致しましょう!

 

 

 

初めての布目象嵌

Ninomezougan


 鉄のペーパーウェイトです。布目象嵌と言いまして、鏨で凹に打ったところへ銀箔や金箔を止める技法です。この象嵌に関しましては、硬い金属に柔らかい金属の箔をとめるのは絶対でして、反対だとまずとまらないです。若かりし頃、純銀に純金を布目象嵌したことがありますが 何でこんなことしちゃったんだろう と後悔するほど泣いたので・・・

 昔は今の様なメッキがありませんでした。そこで生まれたのがこの技法です。ところがメッキが流行してからは、この手間が掛かる布目象嵌は一気に伝統工芸の世界に追いやられてしまいました。布目は細かく切って、鏨の跡が見えないのを上等としましたが今はそれをやるとメッキと分からないようなので、わざと布目の跡を残すようにしていると聞いております。しかし、この世界の人間ならだれしもが驚嘆する 鹿島一谷先生の布目は神がかりです。見えないのです。かといって、メッキの様なうすっぺらさは無いので重厚感と気品があります。

 このペーパーウェイトはのポイントコースがあります。

 入会は出来ないけど単発でお知りになりたい方はご相談下さい。遠方の方や時間調整が難しい方もご相談に乗ります。

 鉄は軽くてローづけが優しいメリットがあります。是非これで様々なジュエリー展開をされて欲しいと願っています。漆黒に金銀の箔は大変美しいし、金箔も様々なカラーバリエーションがありますから 布目象嵌用の箔は ㈱佐藤金銀店 03-3882-3755 の佐藤様にご相談下さい!

2012年12月17日 (月)

死都 ブリュージュ

 フランス文学の一つ 「死都ブリュージュ」は読んだことがあってブリュージュの存在を知った訳ではありません。読んだこと無い、すみませんかっこつけて。

  ベルギーと言えばこのブリュージュ、中世ヨーロッパの街並みを色濃く残した素晴らしいところです。そこへ ベルギービールを飲みたいだけにベルギーに行ってしまった爪の女王 の。さん。

Photo


 他にも色々画像があって童話の世界でした。人柄の優しいところだそうで、温かい人達だったそうです。でも の。さんの実年齢を話したら女の子に モンスターだと言われたらしい。日本女子は若く見られると言いますが一体何歳だと思ったのでしょうか。

 

 

2012年12月14日 (金)

地震であっても

Photo

 木目金体験リングでございます。なんとこの日は3人がお見えになったそうです。ワタクシ田村はこの日、停電に次ぐ大嵐の空を飛行機で飛びまして 墜落 の二文字が横切るほど恐ろしかったのですが、この日は関東も大きく長く揺れたそうですね。でもヤギ先生を始め皆さん落ち着いていらっしゃったと連絡を受けてほっとした一日でした。

 右側の指輪はご夫婦のペアリングになるそうです。

 地震もあってより2人の絆が強まるものになったと思います。

Photo_2


 こちらは木目金体験コースで制作されたバングルです。一日体験でこれはすごいと驚きました。よく頑張られました!この体験でお見えになられた女性は愛知からでした。遠いところからありがとうございます。また、遠い愛知でウチの教室をお勧めして下さって色々な方が興味を持って下さいました。感謝致します。美味しいパンもありがとうございました!!!

 

2012年12月 4日 (火)

可愛い雪うさぎ

73242_308533682584424_1885578316_n


 桂彫金塾 塾生のMさんの作品です。

 可愛い雪うさぎです!純白の純銀を打ち出しして、そこへ赤銅の平象嵌の笹、画像では見えにくいですが片切彫りの笹を添えてあります。この愛らしさったらたまらないです。

 目の赤は、銅の象嵌です。ここにルビーを入れると 真ん丸の目になるところが、少々楕円の目を入れることでより表情が豊かになっています。目、専用のななこ鏨は、作るのが難儀な割には余り使われることが無くて 一回こっきりで鏨箪笥にしまわれることが多いと聞いております。 

  Mさんは装いも大変個性的で素敵な方です。これからの季節、この雪兔も身につけられてお洒落を楽しまれて下さい。

本日の桂彫金塾

 この頃桂彫金塾は満員の事が多くて、ワタクシ田村はお休みしていることが多いのですが今日は久しぶりに出席しました。

 

 002_r


  26歳若手の男性Sさんの初めての高肉打ち出しです。金属工芸に関係するお仕事をされていて、大事なお休みの日を勉学にあてられています。高岡にもゆかりの深いSさんです。

003_r


 これはKさんの同じテーマの蔦の葉です。同じようでいて違います。Kさんはとても丁寧なお仕事をされます。桂先生に10年以上師事されています。

001_r


 必ず粘土で原型をこしらえてから仕事に入ります。粘土の段階で1日は掛かります、粘土で造形が出来ないと勿論、思うままにならない金属での造形は難しいです。

005_r


 桂盛仁先生の作品です。真っ赤な、真っ赤な緋銅が美しいです。

 桂彫金塾はただいま、火曜日 日曜日の塾生を募集しています。

 お問い合わせや詳しい内容は info@metalhearts.net まで。または0335633038へお電話下さい。お待ちしております。

打ち出し水滴

Photo


 純銀を打ち出ししたものです。

 この当時は東日本大震災の後で余震が強く、銀座のお教室は1カ月閉鎖でした。

 まだ子供は1歳を過ぎたところで自宅での制作は精神的にも肉体的にも辛いものがありましたけれど 明るいテーマの作品としたくて蝶よ花よの世界でこぼれるような花を現したかった、ただただそれだけの作品ですが 買われた方にはそんな願いや幸せが届くようにと願っております。

 

                                           田村尚子

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ