« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月22日 (土)

色金見本 ~神戸へ飛ぶ~

よりご注文があった色金見本は、神戸へと飛びました。

001_r


 色を着けないものと、煮色したものとお二つです。

 このように着色前はほとんど似たような色なので配列を間違えたまま制作し、煮色して初めて !!! となってしまいました。

 

 ああ なんてこった。

 お客様をお待たせしてしまったと焦りに焦るも、ローづけから入り研磨、煮色。。煮色は特に紫金は一日中煮ている状態で、一度やり始めたら最後まで煮続けないと色がうまくつかないのです。お値段だけ見ると高額ですが、注文された方が楽です。

 

 約2週間お待ちいただきました。すみませんでした。

  今後もなにかございましたら是非宜しくお願い致します。

 

2014年2月 9日 (日)

桂彫金塾の作品

やぎです。

桂彫金塾で作った作品をアップいたします。

桂彫金塾は北は北海道、西は兵庫県から生徒さんがいらしてます。

今回の写真の中には北海道からいらした方の作品もありますよ。


201402095


201402093


201402094

いかがですか。

よいですね。

どれも高肉打ち出しです。象嵌が施されでます。雪兔にはルビーが留めてあります。

実際に使用出来るように帯留などにする方もいれば、仕上げだけして金具を付けないかたもいます。

完成度が高いですね。

木目の色は暖かいです

やぎです。

こんにちは。

なかなかブログまで辿りつけない日が続いておりました。

すみませんです。


体験で作る木目金の地金は、純銅と純銀です。

この組み合わせは色味が暖かくとても綺麗です。

先日いらしたご夫婦は、とても雰囲気の良い方々で楽しそうに作って行かれました。

仕上がった指輪もとてもお似合いでした。


201402091


マットに加工したペアリングです。

なかなか綺麗ですよね。

同じように作ってもちょっとした違いで同じにはならない木目金。

綺麗です。

いつもつけていると雰囲気が変わって更によくなって行きますよ。

最近のお教室は…。

こんにちは。

やぎです。

雪凄いです。

銀座まで来るの大変でした。



最近のお教室は、なんだか国際色豊かでビックリです。

三ヶ月間だけとかの短い間ですが。


20140209


こんなおしゃれなコーヒーを持ってきていただいたり。

うれしいですね。

日本以外から一時帰国の時にお教室に来て頂けるなんてありがたいですね。

そして、外国からだけど日本の方で日本語でやり取りできるのが何より有り難い。

日本語しか使えないやぎとしては助かります。




短期間でもやれる範囲でやっていきましょ~

2014年2月 3日 (月)

銀座の1丁目で指輪の修理

001_r


 銀座3丁目(歌舞伎座の近所)からお問い合わせがありました。当直なので明日の朝までに出来ると助かる、とのお話で 見てみないと分からないです とお返事したら10分も経たないうちにお見えになりました。石も何もついてないタイプのプラチナのご結婚指輪だったので修理に取り掛かり、2時間もしない間にもうお客様の手元に。

002_r_2

 綺麗に研磨してとても喜んで頂きました。チップも弾んで頂きましてありがとうございます!!!ご結婚指輪が生まれ変わって奥さまもきっとお喜びのことと思います。

 銀座で指輪のサイズ直しや修理は是非㈱METALHEARTSへご相談下さい。骨董品もご相談をお待ちしております。

2014年2月 1日 (土)

女子大生へ贈る体験リング

005_r_2


 女房思うほど亭主はモテズ という言葉がございますが、男女共学の大学で学ぶ彼女が心配だそうで 金と銀で制作したペアリングが出来あがりました。

 

 指輪の良いところは 離れていてもその人を身近に感じられる事ですね。辛い時や寂しいときほど、心強い存在です。

 金と銀だけだと色の違いがよく分からなくなるので画像の様に希望の方には銀だけ凹ませます。

 これは燻していないので明るい感じになりました!銀だけいぶすと、重厚感が出て参ります。

 青春の思い出をたくさん重ねて下さい、二人のこれからも素敵な日々になりますように!

 

 

 

羽ばたけ!

003_r_2

 皆さんの心の悲しみを食べて 羽ばたくのです。という意味の事を言われていたように思います。

 謎の紳士の秘密を少し知りました。夜は赤ワインなのだそうです。それを聞いて少し嬉しくなって、シュワルツカッツェを買って帰りました。白ですけどね!甘くて美味しかったです。

001_r_2

facebookで知り合った 女性ライダーの方が御来社くださいました。会うまでは怖いお姉さんだと思って 特攻服に四労死苦(なんか仕事中に見ると疲れる文字ですね)と刺繍してあるのじゃないかとか、金髪に紫色の唇なんじゃないかとか、ヤギと私で大騒ぎしておりましたが 現れたのは真黒な瞳が濡れた様なアーモンド形の目の、スレンダーな優しい女性で 相当ずっこけました。マニキュアが綺麗ですね!

 指輪の修理にお見えになられましたが 外れていたと思っていたダイヤモンドは地金に沈んでいて見えなかっただけで特に修理の必要は無かったです!修理をお願いするのは気が引けたと言われていましたけれど、他社の修理ほど勉強になるものはありませんので どんどん持って来て下さい!でもせっかくいらしたので、再研磨してお渡し致しますね。他店では再研磨が5000円だとかで私も驚きましたが、職人の相場は1000~2000円です。

 

 

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ