« 月曜日の生徒さん | トップページ | 体験で作る木目金の結婚指輪 »

2014年7月23日 (水)

高肉象嵌 大野伝統彫金

006_r


 大きさは100円玉程の、赤銅のペンダントです。

 高肉象嵌で小花があしらわれています。小さくて愛らしくて素晴らしいですね。

 高肉象嵌は地板を掘り下げて、金や銀などの柔らかい金属を高く嵌めることです。ローづけは一切しないです。

 ローづけが入ると大きなものは紋金にローが回るし、煮色する際に細かなところの被膜を取るのが一苦労です。

 

 とても手間が掛かりますが、とても気持ちのこもるものですね。

 Sさん 凄いです。

 

 大野伝統彫金は金曜日と土曜日に開催されています。

 

« 月曜日の生徒さん | トップページ | 体験で作る木目金の結婚指輪 »

大野伝統彫金」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高肉象嵌 大野伝統彫金:

« 月曜日の生徒さん | トップページ | 体験で作る木目金の結婚指輪 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ