« 春がやってきた 爪コレ | トップページ | 2人で作る木目金結婚指輪 »

パール糸替えの術

今日は遠いところからパール糸替えの体験で女性がお見えになりました。

Image_6

お母様のパール、日常使いをしていたら糸が緩んで切れたのだそうです。組み直してみると何粒かいなくなったかな、というような感じでしたが充分長さは足りました。

Image_7

その方が作られたという透かし彫りが飛鳥時代の意匠を彷彿とさせまして、乱気流をイメージされたそう。飛鳥時代の水煙もきっと自然を取り入れたに違いありませんし 自然から生まれたフォルムは私達の遺伝子に刻み込まれていますから心地よく感じるのだと思います。

また機会がありましたらいらして下さい、飛鳥時代から鏨の形は変わっていません。ロマンを感じます。

« 春がやってきた 爪コレ | トップページ | 2人で作る木目金結婚指輪 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パール糸替えの術:

« 春がやってきた 爪コレ | トップページ | 2人で作る木目金結婚指輪 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ご縁のある方のブログ。

ウェブページ