« 桂一門展 | トップページ | 富山駅前マリエ2F 示野珈琲にて »

2016年9月29日 (木)

宮城から瑞々しいメールが届きました

Image001_r

Image001_r_2

 昨年、木目金の体験でお見えになった宮城県のA様が再びいらしてくださいましてご結婚の報告をいただきました。おめでとうございます!お車でいらっしゃったそうでしてそれはそれは遠かったそうです。

 今回は金と銀で指輪を製作いたしました。その間、よもやま話となりお二人のしっとりしたお色気のある幸福なご結婚生活が伝わってきて参りました。その後メールを頂戴しまして 季節の花が文言に取り入られた文章に大感激しました。

お盆休みはご家族で楽しく過ごせましたでしょうか? こちらは少しずつ秋めいてまいりました。家に飾っている鬼灯がしおれはじめたので、水につけて葉脈標本を作ろうと話をしています。そして次はリンドウを飾りたいと考えています。季節の変化を楽しみながら、私たちは楽しくすごしています。

作成した金と銀の木目金の指輪、二人揃って、いつも身に付けています。光にかざして見ると、幸福で満たされる心持ちになります。良い思い出と、大切な物が増え、主人もとても喜んでいます。

田村先生には本当に感謝しております。台風が多く、雨も激しい毎日ですが、体調などくずされませんよう、ご自愛ください。

 指輪、非常に細かい木目の柄が入り、
とても気に入っています。木目金の指輪は、異種の金属が重なり合って織り成す柄の、美しさと暖かさが魅力ですね。金属に暖かさを見出せるのは、木目金特有の、素敵な部分だと感じました。輪の中で泳ぐ流線からは、楽しげな声や音が聞こえてくるようです。

私たち二人もこの指輪のように 
幾千秋、心を重ね、重なり合いながら
寄り添って生きて行きたいと思っております。

 東京が長くなり、ほおずきやリンドウの季節をすっかり忘れていました。色鮮やかな情景が思い浮かび何度も何度も読み返しました。

 どうぞ末永く楽しいご結婚生活を送られますように。

※ 指輪の画像はプロのカメラマンのご主人様が撮影し奥様が編集してくださいました。

 

 

 

« 桂一門展 | トップページ | 富山駅前マリエ2F 示野珈琲にて »

木目金体験リング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城から瑞々しいメールが届きました:

« 桂一門展 | トップページ | 富山駅前マリエ2F 示野珈琲にて »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ