« 金属の歴史 | トップページ | 小諸市の赤ちゃんへ »

2016年11月17日 (木)

Jon M Ryan さんのポイント体験コース

 シカゴの口コミでJonさんがポイント体験コースの布目象嵌で来日でした。無論この講座の為に来日された訳ではなくて1か月ほどアジアをご旅行されてから京都奈良、金沢富山飛騨など色々ご旅行を楽しまれたようです。希望される日時の頃に私はマイコプラズマ肺炎を発症してしまいお断りしたのですが とても楽しみにしていた、と症状が治まるまで待って頂きました。
 Jon_m_ryan
 これはJonさんのアメリカでの作品です。アルミニウムで作品を作られています。色使いやデザインが美しいです。この青色のようにJonさんは静かで冷静な人でした。来年の今頃はイングランドからWayne Meeten が 来ますが性格があべこべで、どっちがアメリカ人でどっちがイギリス人だか分かりません。
 Jonさんはずっと静かに金属と向き合っていて 楽しいのか不安にさえなりましたが最後は楽しかったです、また日本に来ます、今度は線象嵌で と日本語で笑顔で韓国へと飛び立っていかれました。
 ありがたいことにJonさんがいらっしゃる間にコロンビア、ロサンゼルス、CAの3人が英語で話しかけてくださったのでJonさんも気持ちがほぐれたかもしれません。
 Jonさんは課題が仕上がりませんでしたがシカゴで仕上げられることと思います。
 
 今は布目象嵌用の鉄板が販売されていて安価に商品が売られています。大量生産するにあたって仕方がないのですけどね。
 
 江戸前の布目象嵌は色金に鏨で目切りしねぇとな。布目象嵌の真髄は布目切りにあるんでぃ。なんて。
 Nunome
 Jonさん、線象嵌も地域性があって種類も様々ですよ。
 また来日される時を楽しみに待っています。
 今年はおたふくかぜ、インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎と次々に罹り どれもそれぞれ辛かったです・・・・。
 
 
 

« 金属の歴史 | トップページ | 小諸市の赤ちゃんへ »

彫り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jon M Ryan さんのポイント体験コース:

« 金属の歴史 | トップページ | 小諸市の赤ちゃんへ »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ