« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

赤ちゃんの誕生 おめでとうございます。

Photo
 ご結婚指輪をお世話したご夫妻に元気な男の子が誕生しました。おめでとうございます!
 長いご交際で、東北地震でご主人様の家が流されてしまったのを機にご結婚を意識された話をされていたことが思い出されます。
 結婚指輪をお渡しした後、特にご報告が無いことがほとんどなので とても嬉しいです。
 本当に本当にご出産おめでとうございます。
 どうぞお体をよく休めて2~3時間おきの授乳 頑張ってくださいね!!!
 

金沢卯辰山工房にて

Photo
 今年も卯辰山工房に呼ばれました。毎年何をテーマにするか頭を悩ませつつも 受講生は厳しい試験を突破した秀逸な方揃いなので初めてのことも課題を熟すのが早いので気が楽なところもあります。
 毎日朝7時くらいに工房に来て夜の7時まで、月20日以上は工房で研鑽されているそうでまるで修道女のようです。今年は全員女性でした。
2
 とはいえ たったの2日間で何が出来るのか・・・泣
 でも色揚げ前まで 打ち出し出来たのでさすがだと思いました。
 
 そして驚いたことに研修生の一人がスタッフの後輩で何と毎日、西日暮里工房の前を歩いていたそうです。彫金教室が出来たのかな、と思っていたとのことで ご近所ならウチに来てほしかったと心の中で嘆きました。
Photo_3
 講評では話下手の私はしどろもどろでしたが 作家の坂井直樹さんが
「最後に鏨を入れることで金属に命が吹き込まれるね~!」
 と、さらりと言われることに脳天パンチを食らった私でした。ほんと、この鏨を入れる一瞬の快楽の為にひたすら打ち出しするのであります。
 私にとって彫金は織物です。糸を紡いで織り上げていく感覚ですね。
 
 作品は無いのですか?と質問されるこの頃です。正直今はあまり作品を製作しておりませんが 私の死後も会社が存続するように、スタッフに絶え間ない仕事の水源をつけようと企画と営業を頑張っておる日々でありました。いくつか水源を作ったら自分の時間を持ちたいですね。
 
 卯辰山でのひと時も研修生の皆様には 特に将来役立たないかと思いますが何かの折には 打ち出しは光と影のデッサンなのだと手が思い出して下さればと願っております。
 
 
 
 
 

日暮里 ぶらり

2
 毎週金曜日の夜は9時にお稽古が終わります。 
 寒い日が続くので暖かいものが食べたくなり仕事帰りにぶらりと寄ってみました。
 日暮里駅南口改札 階段を下りて右に曲がり最初の路地を入ったところにあります。
 後日子供と一緒に行ったのですが 子供もびっくりする位に隠れ家な場所に。
 美味しそうな見た目でも 担々麺以外はラーメンを特別美味しいと思ったことが無かったので期待していなかったのですけれど 想像以上に美味しくて初めて行った日は衝撃でした。
 温まってお腹が満たされて日暮里駅前に行くと りゅうちぇるさんが鬼の恰好をして撮影をしていました。(節分でした)夜の撮影のせいかちょっと疲れた顔をしていまして、でもライトを浴びてとても輝いて見えました。私も眠気がひどくなりたった一駅を電車に乗って帰りました。
 成田空港を利用の方是非ぶらりと立ち寄られると良いと思います!
 ただ混みそうな時間帯は列を作っていそうなのでその時間は外されるのが良いかと思います。
 
 スープがどのように作られているのか・・・食べ終わった後も喉が渇かず、翌朝胃もたれもなく体に優しい感じがしました。
 

沖縄から木目金体験

Photo
 沖縄から木目金の体験で羽田空港から直接お見えになったお客様がいらっしゃいました。銀座でお待ちしておりましたら西日暮里の方に来られたそうで、近藤が指導致しました。
 ご希望で真鍮を入れてみたいとのこと、当社普通の真鍮がなく和黄銅を入れました。黄色みが強く金のように見えます。
 途中から私も参加して和気あいあいと楽しい時間を過ごすことが出来ました。お土産に頂いた ちんすこう はおすそ分けした子供たちも後日美味しかったとお礼に来るほどで、下町の子供たちからすると沖縄からのお姉さんに興奮して家でも話したそうで、とても刺激があったようです。 ありがとうございます。
 ホテル代や食費なども節約して東京に来られた思いに本当にどうお応えしたら満足して頂けるかと、仕入れ先の特徴などを知っている限りお教えする事しか出来ませんでした。
 
 沖縄はあまり木目金は無いかもしれませんね。是非制作にお役立てください。
 
 

S木様 ご結婚おめでとうございます

125suzuki281127_3
 UPが遅くなりました、S木様ご結婚おめでとうございます。
 出会った頃はプラチナが高騰している頃でご予算が合わず私もご希望に添えなくて胸苦しい思いをしておりました。そのうちにプラチナが大幅に値下がりした時期が昨年あり、ご決断をして頂こうとお電話をしたのを思い出します。
 
 プラチナとホワイゴールドをベースに、ひとすじオレンジゴールドを入れました。
 オレンジゴールドは俗称の為配合を同級生が経営する渋谷のスタジオクルーシブルの河内君に尋ねたところ隠しもせず教えてくれたので迷わずそのように配合してよい色を得ました。
P1010688
 S木様撮影のご結婚指輪です。キラキラ加工に喜びが伝わってきます。ありがとうございます。
 内側の刻印のデーターも製作して頂き、よりこだわりのある指輪になったかと思います。
 Img_3409_2
 木目が良く出ていてよかったです。
 この後、体験で木目金指輪も製作して頂きました。
 日頃はキャドで制作などされておられるそうで、こういう実際に制作する過程を経験するのはとても大切なことだと話されておられました。
 
 オーダーされるときからずっとご主人様がリードされていてとても男らしい頼もしい方でした。奥様の可愛らしい笑顔をこれからもずっと守ってくださいませ。
 またお会いできる日があることを願っております。
 どうぞ末永くお幸せに。ありがとうございました。
 
 
 

ご結婚指輪のサイズ直し

3
 Yさんがご結婚2年と少しでサイズ直しにお見えになられました。
 きっかけはYさんの上司がご紹介してくださったことです。当時も今も不思議なのですが何故長い取引の中で急にその上司の方が当社をご紹介くださったのか分かりません。指輪をお納めして間もなくその上司の方は帰らない人となりました。
 久しぶりの再会で上司の思い出話に浸りつつ、ご結婚生活がお幸せなのか聞いてみました。
 毎日が大変楽しいです。
 と満面の笑顔でした。
 指輪が無いと今では落ち着かないそうです。だから早くのサイズ直しを待っておられたのですね。
 何しろ男ばかりの家族の中でお嫁さんがたった一人の娘のような存在。
 お皿を一枚洗うだけでも おぉおお と感動なのだそうです。なんてお幸せなのでしょう。
 
 ちょっと待って。私もお皿は洗うのですが・・・・
 
 末永いお幸せを祈っております。是非今度は奥様といらしてください。
 お待ちいたしております!!!
 
 

ザ・ウィンザーホテル洞爺

彫金の体験をホテル内のご宿泊のお客様に、と 蒔絵師と江戸版画師、スタッフとで北海道へ飛びました。行きも帰りも雪が無かったので飛行機は快適でしたが一歩外に出ると命の危険を感じるほどの空気の冷たさでした。
Photo
 ホテルのロビーは広く、日中はハープやピアノの生演奏が静かに流れています。
 
Photo_3
 お琴の生演奏もありました。仕事の時間が近づいていたのですが「春の海」を聴き終えるまでは、と楽しんでしまいました。戻った私に 広いホテルで迷子になったのではとスタッフと江戸版画師が笑っておりました。ごめん、実は遊んでました。
Photo_4
 ホテルには大きな露天風呂があり、そこからの撮影は禁止だったのですが脱衣所から同じ景色が見えます。このような眺めを楽しみながら熱いお風呂に入れます。ただ行くまでの距離が短いとは言っても手すりは凍っているし足元も雪!
Photo_5
 ホテル内のチャペルです。ここはホテル内でも穴場で長い廊下を渡った先にあり、暖房も利いていて一人静かに過ごせるところでした。
2
最終日だけホテルのレストランでコースを頼みました。独りぼっちでしたが1時間以上は過ごすことが出来て充分くつろぐことが出来ました。このデザートを見ながら この後に続く金沢卯辰山工房での課題を、このデザートの打ち出しにしようかと本気で考えておりました。
 バニラアイスは銀、ブルーベリーは赤銅、ラズベリーは火銅、イチゴの種はK18イエローなどと。でも2日間では無理と判断して遠慮なく頂いてしまいました。
 さて我々が宿泊したホテルは ザ・ウィンザーホテル洞爺 です。(ホテル内の様子が分かります)サミットルーム(各大統領が泊まったホテル)やレストランにも入れます。絶景も楽しめます。探してみてください。
 
 体験の指導をしながらお客様と様々な話をしました。
 年に一度は必ず家族で泊まりに来るといわれるお客様も多く 家に帰ってくるような感じなのだそうです。日々仕事に忙殺されている方は遠い北海道では仕事のことを考えなくても良いし何しろ白銀の世界、春もまた緑が豊かでしょうし心が静まります。(携帯電話はどこに行っても追いかけてきますが)
 
 室内にある紅茶の美味しさに絶句して 江戸版画師に驚いて話したら
「あの、全部美味しいです」
 との答えに笑ってしまいました。
 
 室内にある珈琲紅茶もこだわりぬいたもので それを頂く為の蓋つきの器は国内でただ一つしか生産していないボーンチャイナだそうです。ランクを落とそうと思えば幾らでも落とせるけども最高のものをお出ししたいと思っている と話されていたホテルマンの言葉に痛く感動してこの言葉を忘れないようにと同じ器を求めました。
 あまり紹介してしまうとせっかくの楽しみが無くなりますのでご紹介はここまでに致します。
 
 お招きいただいたウィンザーホテル洞爺様と楽しんで頂きましたお客様に感謝致します。良い年初めでした。
 旅のご予約はこちらをご参考にされてください。
 
 

ちょっと改装

Photo
 もうお気づきの方がほとんどかと思いますがお教室の壁を取り払って広くしました。
 今年度より銀座に居る日数を増やして参りたいと思います。
 より多くの方に彫金を学んで 例えば公募展を目指す、一度きりの体験であっても技術を習得する 又は大切な人へ贈るものを作るといったそういう場にしていきたいと思います。
 今年は体験メニューを増やしていつも賑やかな場にしたいです。 その時の指導は私ではないと思いますが若い先生と楽しく思い出を作って欲しいと考えています。お稽古のある月曜日、金曜日夜、土曜日の指導は変わりませんので宜しくお願い致します。
 新年のご挨拶も無いまま失礼いたしました。
 今年もどうぞ宜しくお願い致します。
 
 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ