« 開花宣言 | トップページ | 体験の指輪 »

入選おめでとうございます~第46回伝統工芸日本金工展~

尚呼の彫金教室より生徒さんの一人が初出品、初入選となりました。皆さんご存知の たがや さんです。本当におめでとう!そしてNさん、おめでとうございます。
 今年の金工展は、
 
明治神宮文化館宝物展示室です。会期が04.29~06.25、約二か月という長い期間です。
二人の生徒さんの作品が出来たとき、どちらも感動がありました。工芸品はやはり美しいということが大切だと思います。さらにその作家らしさがあると尚良いと思います。でもひとつ前のブログの記事の二輪の花のたとえはこのお二人のことではないです。昨日の記事も今日の記事も、当工房でおめでたい話となりました。
 私個人は作品を見たときに その作家のこれまでの人生や心情、温故知新の技術を感じるのが好きです。どちらかというとその人の過去や現在を見るだけですが 桂師匠はその作家の未来を作品に見抜いて これからが楽しみな人ですね、とある作家への講評で言われたこの言葉はさらっと言われた一言でしたけれど。。恐らく多くの出品者が気にも留めない言葉だったと思いますが 仙人だと改めて思いました。。。
 制作中はあんなに苦しいのに、出来上がったときは全部忘れてしまいますよね。制作中の苦しみの他に、私達は生活もしていかなくてはならないので時間を作るという苦労があります。また、その為に仕事を休むので収入も減ります。肉体疲労に加えて生活不安という試練があります。それも入選や受賞で報われるかどうかもわかりません。
 
 行きつく先は結局 工芸品を作るのが好きだから という理由になるのでしょうか。
 どうかご覧になられる皆様は、食事を忘れ寝るのも惜しみ、音を立てないように布団の中で制作し(都内は音の問題があります)そんな命を削ってまででも没頭して制作した作品一つ一つを 足を留めて鑑賞して頂きたく思います。
 
 
 
 
 
 
 
 

« 開花宣言 | トップページ | 体験の指輪 »

展覧会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214201/70014557

この記事へのトラックバック一覧です: 入選おめでとうございます~第46回伝統工芸日本金工展~:

« 開花宣言 | トップページ | 体験の指輪 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ