« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年6月

ポイント体験~薄肉レリーフ~

Img_7351
 ポイント体験コースは元々は遠方の方が泊まり込みで集中して習いたいという所から始まり、開講してから2,3年経ってもご要望が無かったので打ち切ろうと思っていたらこの頃増えてまいりました。
 荒川区の80代後半の職人さんにおまかせで色をつけて頂きました。生き生きとして良いブローチになりました。
 ポイント体験コースは受講後に入会をお願いすることは無いのですができれば続けたいとの事で入って頂けるようです。
 何しろあまり大きな工房ではないのと国外の生徒さんも多数なので受講用のチケットに有効期限は無く、来れる時に来るというスタイルの生徒さんが多いです。
 色々な国や色々な特技を持っておられる方が多く集まるので 10年前に工房を作ったときの妙な静けさはもう今はありません。
 皆さんに楽しくかつ伝統技法を学んでいただければと思います。
 
 
 

交際一周年を記念して

Img_7355_2
 近々HPは大きく変えなくてはなりません、なぜなら日曜日を希望されるお客様が増えてきたことやグーグルマップは銀座ではなく西日暮里を指すため、場所のお話はしているのですがお客様がそちらを優先して西日暮里に来られることが多くなりました。
 今日はご交際1年目の初々しいお年頃のお二人がペアリングを作りに見えました。
 寡黙で真面目な男性と、明るくて笑顔が華やかな女性。教室内のよもやま話で血液型の話になったときにお二人の血液型は反対なのではないかと思ってしまいましたが・・・
 ウチの新しいスタッフにも教える機会にもなり、不慣れなスタッフが汗たらたらで棒みたいになっているので可笑しくて笑ってしまったら
 汗をかいているのに笑うんですか!? と声が裏返っており、前日に近藤に あまり苛めたら彼は辞めますよ、と釘を刺されたのを思い出してそれからは大人しくしておりました。
 スタッフも木目金体験をしたのですが、実際教えるとなると大変なことだと分ったでしょう。
Photo_2
 ペアリングの場合お相手にお手紙を書いて頂いております。彼に見つからないように書いておられました。沢山の思いがあるようで細かな字でびっしりと書いておられました。覗き見しようかと思っても字が小さくて読めない、昔は若くて綺麗だった私。。。
Img_7354
 彼のサイズは23号。彼女のサイズは10号。なので彼の懐にすっぽりとはまっています。
 時々喧嘩もするそうですが 語らずとも行動で表す彼の愛は大きいと思いますよ。日本男子っていう感じですね。いつまでも仲良く、またお目にかかれる日を楽しみにしております。
 
 
 

木目金体験リング ご結婚14周年

Img_7352_2

 前々から木目金の体験リングを楽しみにしておられたそうです。指導は場数をこなして慣れてきた近藤が張り切って指導をしておりました。

 土曜日は混みやすく他の生徒さんへの指導の途中で私も参加致しました。聞けばご結婚14周年だそうで、独身だと思っていたので驚きました。

 ご結婚何年目ですか?と聞かれて ぱっと出ないのって問題ですね とお客様は笑われましたがそれぐらい一緒の時を過ごした事なのだと私は感心しました。ご主人様に指輪を手作りしようって思うのは仲の良いご夫婦なのだと思いました。

 赤銅と銀のクールな木目金になりました。きっとお二人もスタイリッシュな素敵な毎日をお過しなのだろうと思う程、とっても素敵な方でした。

 またいつでもお待ちいたしております!

 

 

 

四川省成都

Photo
 一週間、四川省成都で働いておりました。
 お茶館などでの作品解説や議論が2日間あり、それぞれ2時間喋りっぱなし状態でなかなかハードでしたが 成都の伝統工芸が遺産と呼ばれるように化石のような存在になってきていること、人間国宝のものは庶民には手が出せず、無名の人は販売につながらなくて苦しんでいること、技術は高くともデザインが古いままなのはどうか、等々議論しあいました。
 男尊女卑が日本にあると聞きますがどうですか?の質問には あります と答えました。
 女性が男性より抜きんでて才能があったりお金を稼ぐと男性の嫉妬や僻みはあからさまで足を引っ張ったり嫌味を言ったりが度々ありますが、成都の女性は成功した実業家が多く 核家族では無いので子供の面倒は祖父祖母が見てくれるそうです。
 実際、この5つ星ホテルのオーナーも、若い女性でした。ビルも数軒持ち経営する女性も多かったです。
 日本の女性は成都の女性のように強くならないといけないですね、と皆で笑いました。
 時々、いくら稼いでいるの?と失礼な質問をしてくる男性がいるのを そうでもないんですよ、とその男性にがっかりしてしょんぼり答えておりましたが 成都帰りの私は ぼちぼちですわ と答えることにします。成都は大阪に似ています。でも本当にぼちぼちです。私は敢えて手間のかかるものを作り続けようとスタッフに話しています。
 
 
 中国には色々な諺があります。
 エリートが多く住む北京では 自分の愚かさを知り
 〇〇島では 自分の体の小ささを知り
 成都では 自分が早く結婚したことを後悔する
 などと言われます。成都は本当に美しい人が多かったですよ。一緒に行ったボランティアの若い男性と一緒に歩くと あの子美人 あのうなじが! あの足首、あのくびれ!と違う所ばかり見るので面白かったです。中国語が話せるので成都女性に大人気。毎日貢物がありました。
 今回は私の家族も一緒に成都に行きました。
 日暮里駅から成田に行き直行便で成都だったのでどこでもドアで行ったような感覚でした。
 交通費も往復で3万円もしないので 実家の高岡に新幹線で帰るのとあまり変わらないのはちょっと納得がいかないのでした。
 
 
 

佐藤金銀店のセールご案内

今年も佐藤金銀店のセールがあります!昨年は近藤も会社でも購入し、お互いに本当に必要なサイズがたまたま入っていることが多くミラクルな銀の袋詰めセットでした。どれだけ納期が早まったことか。今年も工賃込みで既に市場価格より値段が低いのでお勧めなのです。
Dm2017_002_2
 昨年のDMは家でした。佐藤金銀店は昭和初期の木造家屋、きっと社員の方々はとても愛着と誇りを持っておられるのだと思ったものです。
 今年は薔薇と猫です。奥には枯れた薔薇もあり、猫の様子も意味深です。
 
 セールは6月12日からです。無くなり次第終了かと思います。
 お教室の皆さんで欲しい方がいらっしゃいましたらまとめ買いしますのでお声がけください。
 利点は 送料と振込手数料がカット割りになるだけですが。
 ブログを見て欲しいと思われた方は、佐藤金銀店にお問い合わせくださいませ!
 佐藤金銀店はメールアドレスがございませんので、直接お電話してください。
 03-3882-3755
  03-3882-8840(FAX)
Sato
 金工展の御当番をしていたら佐藤金銀店の専務取締役である佐藤さんが見学にいらしてくださいました。ちょうど、うちの生徒さんが 佐藤金銀店で買った布目象嵌用の箔が非常に留めやすくて驚いたと話しておられましたのでそれをお伝えしたところ、その秘密を教えて頂きました。(真似できませんが)
 創業80年を超える(株)佐藤金銀店です。これからも私達工芸家の為にも末永いお付き合いを宜しくお願い致します。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ