« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

依存症の一つ 不倫

Photo_2
 アルコール依存症の人は色々な 理由をつけてはアルコールを摂取しています。飲んでいるときが一番脳が心地よいと感じており、アルコールが途切れると脳は不安と不愉快感からまたアルコールを渇望します。その繰り返しです。
 不倫依存症も同じです。相手の幸せを願うならば友達でいればいいだけのものをそれ以上の関係を求めるのは男性は情欲でしかなく、安心を求める本能脳の女性はそれを愛情だと勘違いしてしまいます。反対の場合もあります。
 依存症の行方は破滅だけです。自分一人だけではなく家族や周りも巻き込んでの破滅です。
 今、荒川区にあるカトリック三河島教会で並木豊勝神父と聖書の勉強をしている中でこの頃の不倫報道に憂いておられたのかそのような話題になりました。新約聖書に姦淫の現場(不倫の現場)を取り押さえられた女性を民衆が引っ張り出し、イエスがどのように裁くか試そうとします。当時のイスラエルでは不倫は女性だけが石打の死罪でした。
 でもイエスはこの中で罪を犯したことがない者が打つと良いと答え、驚いたことに誰一人居なくなってしまいました。罪を犯さない人はいないのです。
 イエスは女に、もう罪を犯さないように とだけ諭されました。
 ネットでの中傷はみんなで小石を投げてその人の仕事生命を終わらせるようなものです。
 でもイエスは ではあなた方には罪が無いのかと問われる。
 そして罪を犯した人はたとえ隠し通せたとしても神を欺くことは出来ません。私達が裁かなくても報いは本人に下ります。
 なぜ神父様がそう言われたのか 私に向ってこの神の法を伝えてください と聖書を手繰りながら話されました。なので今回の記事といたします。
 神に仕える者同士の結婚をしても、不倫をする人を信じられないと見下す人も 不倫相手と目が合った瞬間から墜ちていく話を時々耳にしますので私達は批判はしてはいけない。
 
 私は結婚指輪を制作する仕事をしていますので打ち合わせに見える幸せいっぱいの目の前のお二人が家族を裏切るとはとても思えないのですが もしそのような苦しみがおありでしたら神にお話しされると良いと思います。
 依存症はただの堂々巡りでゴールが無いんですよ。悪魔の山手線です。
 画像は昨年ウィーンに行った時のものです。
 この頃は聖書を学ぶことになろうとは夢にも思いませんでした。
 

木目金体験リング ~友達以上親友未満~

Photo_2
 
 当然カップルだと思っていましたら、歯科技工士の学校に通う友達同士で 昼間の部と夜間の部なので授業が重なることも無いそうです。
  金属加工の単語が通じるのでとても伝わりやすかったです。
 二人はとにかく元気でしきりに自分達がうるさくないか気にされていましたがこの日はお盆真っ只中で生徒さんも一人だけだったので賑やかで活気がありました。
Photo_4
 結婚指輪と婚約指輪の違いが分からない彼と、指輪は10円玉で作ったらどうかという彼にケチな男だと突っ込む彼女はとっても仲の良い二人。こうして一緒にモノづくりに来られる位ですから一生涯の友達になりそうですね。
 話し声も聞こえれば キャーという声も響き渡っているかと思えば突然の静寂・・・・お友達の男性が舟を漕いで寝ていました。(疲れているんですね)
Photo_5
 歯科技工士のお勉強をされているせいか 妥協されないのは凄かったです。 
 私は 木目見えませんよ・・・といくら言っても 細さにはこだわっておられました。
 
 そんな素敵なお二人の将来の夢を聞いてみました。
 Y野様   だがし屋さんになる(定年退職後)
 〇呂様  お年寄りを幸せにできる歯科衛生士で歯科技工士!!出来れば、アクセサリーショップも!
 とっても楽しかったです!ありがとうございました!
        とのメッセージを頂きました。
 
    どちらもずっと働き続けられるようなご職業なのですね。将来お世話になるかもしれませんので宜しくお願い致します。
 ところで傘の忘れ物がありました。またいつでもお待ちいたしております!
 

荒川区のカップルのご結婚指輪

Photo
 銀座 尚呼は工房が西日暮里にもあります。荒川区では職人体験というのがあり、いつかその体験を通じてカップルが誕生しないものかと。。。ここに新しく工房を構えて3年目、初めて荒川区区民の方にご結婚指輪を製作して頂きました。
 お相手の方はミュージシャンです。優しい奥様との呼吸はぴったりでそれはそれは仲睦まじいご様子でした。西日暮里工房としても大変嬉しく思っております。
 メッセージを頂いたのでご紹介いたします。
 

 

荒川区のつくっている小冊子「モノづくり」で尚呼さんを知りました。

自分たちで指輪が作れるとのことでうかがわせていただきました。

作業は小一時間でしたが、田村さんとお話ししながらの初めての指輪製作はとても楽しくいい思い出になりました。

また、友人たちに指輪を作った話をする楽しみもできました。

夫は祖父の代からの荒川区民で、私たちもこれからずっと住み続けることになります。

地元とのつながりがまた一つ増えたことを嬉しく思っています。

 荒川区にお嫁にいらして下さってありがとうございます。ご結婚のお祝い品も頂戴しまして誠にありがとうございました。

 荒川区は東京23区では2番目に犯罪が少なく、南千住のタワーマンションや大型ショッピングモールが出来たことで人口が大幅に増加しております。西日暮里も都市開発計画が動いておりさらなる人口増加が見込まれます。明るく活気のある日暮里・西日暮里に変わっていくのが楽しみです。

 どうぞお幸せに!近いからサイズ直しやメンテナンスが気軽なのも地元の強みですね。

 

スイスへ ~木目金体験リング~

Photo
 朝いちばんに若いお二人がペアリングを作りに見えました。
 ご交際半年のお二人、彼から作ろうと誘ったのが彼女さんの方が熱心に質問して制作をされていました。
 ほとんどがスイスで勤務となられる物理関係のお仕事の彼は迷わず右手の薬指に指輪をはめてもらっていました。学者タイプの寡黙な彼はきっと優しくて綺麗な彼女と離れ離れになるのが不安なことと思いました。
 また9月に会えるそうです。
 つかの間の逢瀬の時間を銀座 尚呼での制作に充ててくださいましてありがとうございます。
 この日を忘れないように、彼女さんの方の指輪にはこっそりと制作年月日を刻印致しました。
 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ