« 2018年12月 | トップページ

2019年1月

超技法 桂盛仁の彫金

0000000055652_jbktivk

 現在練馬区立美術館で桂盛仁先生の個展が開催されております。開催と同時に発売となった 超技法 桂盛仁の彫金 は2019年5月末日までの当社へのお申し込みで送料無料、税込2900円で販売しております。ご購入を希望される方は当社へご連絡ください。

 電話 FAX 0368068131

e-mail info@metalhearts.net

 制作に携わった私思うに、内容の割には安いと思いますgawk

 しかし、これから彫金を学ぶ学生の為に値段を抑えたという大将の意向なので、従順にならざるを得ませんのです。

お教室スタートです

S_2

 本日よりお教室が始まります。

 今日は尚呼の彫金教室、平象嵌の鏨作り 平象嵌 繋ぎ目のない木目金 などです。

 では宜しくお願い致します!




桂彫金塾の日程変更につきまして

 桂彫金塾の日程が一日変更となりました。

 1月15日 16日 17日 22日は変更なしですが、30日が23日に変わりました

 その他彫留講座、尚呼伝統彫金は変更はありません。

 急に変更になりましたことお詫び申し上げます。

 

 

たらい舟

 昨年に続いて岐阜県は大垣市でのたらい舟のお話です。

 お仕事とはいえ都内を離れると旅の気分です。旅先での地元の職員さんとの交流も本当に楽しみなものです。10月頃の大垣市は日中は暖かいのですが3時を過ぎる頃は急に空気が冷たくなり夜になるととても歩いていられませんでした。どこも飲食店は満員でコンビニエンスストアがありがたかったですね。

 自由時間のハイライトは なんと たらい舟。

2

 大垣城は今はお濠しか残っておらず、お濠の周りは湧き水がこんこんと湧き出ています。透明なので水底が見えるんですよ。そこをたらいに乗って一周しながら船頭さんとの会話を楽しみました。

 たらい舟そのものは大垣市では歴史は浅いのですが そもそもは、徳川家康が大垣城を押さえたとき、城の責任者が若い頃の家康のお習字の先生だったそうです。その為、家康は逃げるようにと手紙を送るのですが、それは出来ないけれど娘だけは逃してほしいとたらいに乗せて城から出したことがあり、現代になって佐渡島からたらいを取り寄せてお濠巡りをしているのだそうです。

3

 次々とお客様を乗せたたらい舟が。。。

 私達の前方には体重100キロはあるかと思うような大柄の男性と、極端に小柄な女性が乗っていて たらい舟は大きく傾いで、時に回るんです。くるくると。前になんて進まない。(そのたらい舟は沈みそうでしたが)なるほど、たらい回しとはこのことかと感心したのでした。

4

 町はいたるところこうして湧き水があふれており、飲むことが出来ます。豊富なので洗いものをしている姿も見られました。東京の身も心も汚染された私どもにとっては飲み水でお風呂を沸かしたりお皿を洗うなんて本当にもったいないことです。

5


 子供たちは変に こまっしゃくれてなくて、泣くときはもう物凄い顔で真剣に泣いているんですよ、東京みたいに人目を気にすることも無く思う存分泣くことが出来て良いなあなんて見ていました。

 かと思えば道の真ん中で U.S.Aを踊りまくる男の子。自由です。

 この後のお酒を交えた懇親会は午前様だったそうで 私は一人、奥の細道が荒川区のすぐ隣の北千住から始まりこの大垣が終点だったことに思いを馳せていました。一度しかない人生を歌を詠み、足の痛みに耐え、旅の先々での人情や料理、風習の違いなどを楽しむって ちょっと憧れますね。

 大垣市は月1で芸能人を呼んでのイベントもあり一所懸命市役所の方々が頑張っておられます。私達の時は美川憲一さんでした。トークが面白かったですね。

 大垣市 是非みなさんも一度は訪れられてください。

 

 

 



2019年の始まりです

 あけましておめでとうございます!今年は元号も変わるので何が起こるのか楽しみですね。

 今月の予定です。

 桂盛仁伝統彫金 1月15日((火)16日(水)17日(木) 22日(火)30日(水)

             午前11時~午後4時

 尚呼伝統彫金  毎月曜日 毎土曜日

 彫留講座     26日土曜日 午前10時~午後1時 午後2時~午後5時

 となっております。今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 Photo


 画像は北海道にあるザウィンザーホテル洞爺リゾート&スパからの日の出です。今回も体験で呼んで頂きました。新幹線で上野~大宮~仙台 と飛ばすので、北海道へは3時間半で着きました。冬の北海道は荒れますので今回は空の旅は見送りです。全て指定席で満車で暑かったですね。

 洞爺ではずっと雪だったので最終日の朝に見られて佳かったです。頑張ろうという気持ちになりました。今年は展覧会の方に久しぶりに挑戦したく、展覧会を希望される生徒さんと切磋琢磨したいです。彫留講座はネットでは書けないお話や技法が満載で少しずつ生徒さんが増えてきました。習い始めると段々目が肥えてくるので困ります(笑)

 

 昨年もとてもいい年でした。今年はもっといい年になりそうです。感謝の気持ちが生徒さんやお客様へと届きますように。

 

 

« 2018年12月 | トップページ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ