生徒さん作品

開花宣言

 東京は雨の今日、開花宣言となりました。
 うちの教室も 開花間近の佳き出来事が2輪ほど生まれそうで誠におめでたい事でございます。
 さて 今年の秋口に入会された生徒さん、遠方なので時々しかお見えになられませんが初めてのヒョウタンの打ち出しです。火銅しあげとしました。こちらはムラなく着色する方に専念しておりますが 生徒さんにとっては初めてのことだったようで 大変感激して喜んでおられる姿に なんて純粋な方なのだろうと思いました。
 2
 私は打ち出しは殆ど手を出しません。見ないとわからないときだけ手を出しますが あまり任せっきりだと全く覚えないんです。自分で苦労して学んだあとに、先人の打ち出しを見て初めて多くのことを理解するのを自分でも経験しているからです。
 作家になるわけではなく楽しみたい方ももちろんいらっしゃいますので、自分のペースで学んでいきましょう!
 
 
 
 

火銅のピーナッツ

Image


初めての打ち出しにしては難しかったようで途中お辛そうでしたが ピーナッツの打ち出しを火銅で仕上げました。箸置きでございます。
伝統彫金は一日で出来上がるものは 木目金体験リングとシルバーのリングです。時間は掛かりますがかけた時間分の見応えがあると思っております。
一枚の金属でピーナッツが出来るなんて考えたら不思議な事ですよね。
出来上がり迄の時間を楽しみつつ、次第に自在に様々な技法を使いこなせるようになるように指導させて頂いきますのでこれからも宜しくお願い致します。

打ちこみ象眼のペンダント

 金曜日は午後6時半から9時までの開講が原則ですが ポイント体験が2人となったために10時半から開きました。ポイント体験の彫りコースは半年がかりで彫り鏨3本の制作を15時間で集中してお教えしますので二人までが限界です。

 朝から二人がお見えになりましたが 御一人はポイント体験を先延ばしにして打ちこみ象眼によるペンダントへと変更いたしました。
001_r
 紅葉の季節、虫食いも取り入れた葉っぱのペンダントです。大ぶりなのも驚いたけれどこの非対称の形も大胆で私にとっては衝撃的でした。
002_r
 薄いので大ぶりでも肩が凝らなくていいですね。
 番外編のポイント体験コースでしたが 打ちこみ象眼の他、彫り、打ち、煮色を取り入れたオイシイコースとなりました。
 伝統彫金をこのように身近に体験して頂けるのも良いものだなと思いました。
 片や彫りコースを選んだ中国の女性は制作に火がついて 毛彫り鏨を作り、丸毛彫りまで作られました。口うるさく焼き入れ、焼き戻しについてお教えしました。他でも習われたようですが多数の中で学ぶとちょっとした間違いに先生が見落とされるのは仕方がないでしょう。それは鑢をかければ一目瞭然の違いだったので、もう間違えることは無いと思います。
 続けて土曜日も朝から来られるようです、あまり無理しないで下さい。
 

うさぎの打ち出し

Img_1395

  もっさもさの 打ちだしの兎が出来ました。兎の顔って意外と怖いんですよね。あと、時代によって兎の顔が違うものだと骨董屋の方に伺った事があります。
 この兎は生徒さんのオリジナルというか、生徒さんらしい作風で大切にしたい感性だと思います。途中まで独学で仕上げられた後でお稽古に見えたので、次回またこのような打ちだしの機会があったら 「延ばす」のではなく、「絞る」打ちだしをお教えしたいと思います。
 でも次回作は もっさもさの 蛾 のようです。
 蛾は 実は苦手ですが どんだけ不気味にしてやろうかとなると楽しみで仕方がありません。
 そんな月曜日のお稽古、今日はレンタルを含めて4人でした。
 皆さん毎週来られるわけでもなく ふらふらふらーっと集まって、ささささーっと帰られるのですが 定員オーバーになることもなく、かといって まったく誰も居ない訳でもない そんな月曜日でありますが 私 田村は前日から体調を整えて皆様にお教えしようとスタンバイしてもおります。色んなことがありましたが信じて残ってくださった生徒さんを大切にご指導して参りたいと感謝の気持ちでも居ります。土曜日は現在生徒さんがお一人ですが、打ちだしは象嵌に入るまではマンツーマン状態が良いので、しばしこんな感じで良いかと思っております。
 
 

ポイント体験コース 修了

___2

 静岡からポイント体験で通われていたMさん、2度目の御来社で修了致しました。
 毛彫り、丸毛彫り、片切りの他、櫛刃鏨を制作して焼き入れ 焼き戻しもしっかりと覚えて頂きました。
 
 図案は姫路城です。図案は日本の城が良いということで当社でご用意いたしました。
 大まかな線は毛彫りで、木は片切りと櫛刃で表しました。
 次は打ち出しも習われたいそうです、ありがとうございます。
 象嵌に入っても良いですし、打ち出しをしてから象嵌に入っても良いし またどのように進めるかはお互いにメールでやりとりしたいと思います。
 
 最初Mさんは思うように鏨が動かずに四苦八苦されていました。2日目となった日はブランクがあっても手が覚えていて綺麗な線が出るようになりました。
 鏨の形さえしっかり出来ていれば、あとは時間の問題で必ず綺麗に彫れるようになります。
 
 楽しんで頂けたようでとても私も嬉しかったです。
 高肉の象嵌になる時は、ひょうたんの打ち出しにしようかしら、なんて考えております。
 在来線での受講は本当にお疲れ様です。
 またお待ちしております。一緒にスタートした奈良のNさん、お待ちしています!

尚呼 土曜日の教室がスタートしました

 

 今年より土曜日の尚呼伝統彫金が13時~21時の時間で始まりました。昨年末に突然に変更になりましてまだHP修正はしていませんが・・・・

 チケット制 有効期限なし 好きな時間を選べる というこの教室がどうなることかなと思いましたが、新しく生徒さんも増えて そして皆勉強熱心な方々ばかりなのと、お互いに曜日が合わなくて初めて顔を合わせる生徒さん達もそれぞれの制作に刺激を受けておられたようで何よりでした。年に1度、ウィーンから学びに来られる方からヨーロッパの彫金事情を知ることも楽しいひと時でした。横浜、宇都宮からも生徒さんがお集まりくださいまして、遠方から熱心に通われる姿に皆さんびっくりです。

Fullsizerender


 藤の花をテーマにしたペンダントトップです。下の桶の部分は細かな布目象嵌です。

Fullsizerender_2


 こちらは2作目。裏から打ち出すやり方と、表から打ち出すやり方と2通り研究されたもの。裏から出したものはたとえるなら水墨画で、表からは油絵だと表現されていました。私も実は裏から出した方がぼんやりしていて好きです。表から打ち出したものはシャープできりっとしていて私は日本画のように感じました。

Fullsizerender_4


 まだ習いに見えて1年経たない女性の方です。鍛金でぐい飲みを打ち出し、ハチの巣を鏨で入れて内側に錫を引きました。錫がちょっと表に出てしまったのですが それも景色としていいと言って削り取られなかったです。なんて良い表現なんだろうと感じ入りました。

 土曜日のお稽古は午後1時~夕方までが空いているようです。今後は刀装具を作るのがこの土曜日教室で流行りそうですね。

 

 また来週もお願い致します。24日(土)は研究会でお休み致します。こちらは清水三年坂美術館の館長による少人数だけのもの。生徒さんの皆さまにだけ研究内容をお教え致します。

 

月曜日の生徒さん

006_r


 布目象嵌を施した赤銅のペンダントです。綺麗ですね~

002_r


 おそろいのピアスもあります。宝石はガーネットです。

001_r


 こちらは鎌倉から作りに見えているKさんの作品。色違いで花喰い鳥を何個か作られました。

 どちらも色金を使った、重厚感のある作品になりました。また頑張りましょう~!!!

硯の帯留

002_r


 肝心なところがぼやけてしまいとてもとても残念です。これは硯の帯留で、なんと墨のあとも赤銅のような黒い金属で象嵌がされてあったのです。

 金の部分は平象嵌。

なんとも趣向を凝らしたものです。本当に良いものはこうして人の手から人の手へと渡って大切にされること、日本らしい気品のあるモチーフ、技巧に改めて感動です。

003_r


 銘もありました。ヤフオクにはこのような逸品が ふらり と現れる様です。N夏さん、いつも素敵なものを見せて下さってありがとうございます。

001_r


 

 茄子でございます。みずみずしくて齧りつきたくなりますね!

 ではまた皆さま、お教室でお待ちしております!!!

女子会のような土曜日

お盆最終日の前日。今日は女子が勢ぞろいです。

___83 

大野が真剣な顔をしています。皆の安全にとても気を遣ってもいます。でもキャーキャーワーワー盛り上がることも。

___81

鉄を打ち出しして透かしを綺麗に入れるそうです。いつの間にこんな作品が作られ始めていたのだろう!ちょっとちょっと いい作品の匂いがぷんぷんします。

___85

 ニョー これを打ち出したのですか。水滴になる予定だそうです。

___84_2 

木目金で打ち出しです。とても楽しいとおっしゃって下さいました。嬉しいです!

___81_3

 これは箱モノと言われるもので、箱が出来るようになると彫金は一人前かといわれるほどに実は難しく忍耐が必要なものです。だから伝統工芸展で箱モノを観ることがありましたら、恐ろしく時間が掛かった力作なのだと思ってご覧になって下さい。

___82_3

 お母様の金のネックレスを溶かして指輪に作り変えています。18金の特性を知って彼女は泣きでしたが、10金やピンクゴールドに比べれば性格が素直な方です。佐藤金銀店でも工賃が上がるもの、それがピンクゴールド。 割れる裂ける脆い、千切れる 崩落する 決してご結婚指輪に使いたくない言葉が勢ぞろいします。

 楽しい大野伝統彫金の一こまをご紹介しました!ヤギヤギ先生、引き続きご指導の方を宜しくお願い致します。

 ~生徒さん募集中~ 

 優しいけど指導は厳しいヤギ先生こと、大野允裕の伝統彫金は生徒さんを随時募集しています。チケット制なのでその日の予定に合わせて好きな時間を選べます。ふらり、と立ちよって30分だけ叩いて行かれる方も・・・。初心者大歓迎です!

 

 



より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ