展覧会情報

CHAUMET展

Chaumet4

母校でCHAUMETのキュレーター2名によるスライドとトークがあり、散々大感激した私は翌日にもCHAUMET銀座本店へと足を運びました。しかしとても入れる雰囲気ではなく、ウィンドー越しに溜息をつきながら麦の穂のリングなどを見ていたのでした。直接手に取ってみたいなんて思いながら。そのタイミングでCHAUMET銀座本店に見に来ませんか?とお誘いがありました。それで桂彫金塾の生徒さんで宝石好きの25歳男子に聞くと、お誘いくださった方と私とその彼との空いている日がたった1日あるという奇跡。本店にお邪魔する前に2人でまずCHAUMETの展示会へ・・・東京駅から徒歩5分ほどの、三菱一号館美術館へと足を運びました。

Choumet

 元々は銀行だったそうで内観も重厚感あふれており、こんな銀行だったら安心して相談できそうです。東京駅からとても近かったですよ。

Chaumet2

 丸の内にヨーロッパ風の庭園があるなんて知らなかったですね、この辺りのサラリーマンOLは超がつくエリートが多く、お庭の周りで憩う方々の所作がきりっとしていて素敵でした。

Chaumet3


 展覧会は撮影可のブースもあります。飛行機5機で飛んできた1800年時代からのハイジュエリーは顧客がマリーアントワネット、ナポレオン、ナポレオン皇妃ジョゼフィーヌ、教皇といった方々でデザインの気品が高く技術も最高でもちろん、宝石も素晴らしいものばかりでした。ポケットタイプの拡大鏡を持ち歩いて裏も沢山見ることが出来ました。

 感激したままの25歳と私とでそのまま歩いて銀座本店へ。たくさんのジュエリーを本当に手に取って見ることが出来てどんなに感謝したことか、この場を借りて御礼申し上げます。良い物しか置いていない。それも非常に貴重な宝石ばかり、私達がお金を出して探しても手に入ることのできないノンヒートの大きなエメラルド、(インクルージョンが見られない もちろん、オイルで浸してもない)インターナリーフローレスのダイヤモンド、CHAUMETの企業カラーである青のサファイヤはこだわっているので勿論ノンヒート。

 それからなのです、我々は他のブランド会社に入る時怖気づかなくなりましてCHAUMETがハイジュエリーの中でどれほどの位置にあるかを思い知らされたのは。。。

 長らく銀座で工房を構えていた割には全然銀座を楽しめていなかった事に今更気が付いてメイン通りや5丁目を歩いてみるようになりました。沢山の美しいものを見て沢山の夢を見て楽しい一日でした。

 

 

 





 

初入選おめでとうございます~金工展~

 昨年Kさんからご相談を受けたときは辛らつな事を言ってしまって私も辛い思いをしました。長く習われていたので技術はとても高く申し分ないのに、デザインが普通だったんです。
 でも晴れて初入選となりました。おめでとうございます!
 初めてKさんに出会った時の、女子大生が何故昼間のお稽古に来られるのだろうと不思議で仕方が無かったあの頃のように、初々しい、みずみずしい苺の香合で 途中経過を見る人たちもとても感動して見ていました。
 
 是非ご高覧頂きたく思います。
 金工展 の東京での会期は4月28日~6月17日 石洞美術館にて この後、九州へ作品は回ります。
 🍓初入選本当に本当におめでとうございます!!!
 
 

入選おめでとうございます

 桂彫金塾の塾生 佐藤新夏さん 東日本伝統工芸展の入選おめでとうございます。
 そして 岸本 真さん 初入選おめでとうございます!
 
 いつも冷静沈着な岸本さんとはつい、ハイタッチを二度もしてしまいました。私もとっても嬉しかったです。
 働きながらの制作の時間を捻出するのはさぞかし大変だったことでしょう。
 佐藤新夏さんの隠れファンの方、実は岸本さんファンの方、日本橋三越へ足をお運びください。
 会期は2018年4月25日~4月30日です。
 
 私もお二人のファンですheart04
Photo
 画像は佐藤新夏さんがお稽古でお見えになられた時のお召しです。
 春らしい色使いがなんとも素敵ですね。
 桂師匠が大喜びされていました。私達も春が来たようで心が躍りました。
 

入選おめでとうございます~第46回伝統工芸日本金工展~

尚呼の彫金教室より生徒さんの一人が初出品、初入選となりました。皆さんご存知の たがや さんです。本当におめでとう!そしてNさん、おめでとうございます。
 今年の金工展は、
 
明治神宮文化館宝物展示室です。会期が04.29~06.25、約二か月という長い期間です。
二人の生徒さんの作品が出来たとき、どちらも感動がありました。工芸品はやはり美しいということが大切だと思います。さらにその作家らしさがあると尚良いと思います。でもひとつ前のブログの記事の二輪の花のたとえはこのお二人のことではないです。昨日の記事も今日の記事も、当工房でおめでたい話となりました。
 私個人は作品を見たときに その作家のこれまでの人生や心情、温故知新の技術を感じるのが好きです。どちらかというとその人の過去や現在を見るだけですが 桂師匠はその作家の未来を作品に見抜いて これからが楽しみな人ですね、とある作家への講評で言われたこの言葉はさらっと言われた一言でしたけれど。。恐らく多くの出品者が気にも留めない言葉だったと思いますが 仙人だと改めて思いました。。。
 制作中はあんなに苦しいのに、出来上がったときは全部忘れてしまいますよね。制作中の苦しみの他に、私達は生活もしていかなくてはならないので時間を作るという苦労があります。また、その為に仕事を休むので収入も減ります。肉体疲労に加えて生活不安という試練があります。それも入選や受賞で報われるかどうかもわかりません。
 
 行きつく先は結局 工芸品を作るのが好きだから という理由になるのでしょうか。
 どうかご覧になられる皆様は、食事を忘れ寝るのも惜しみ、音を立てないように布団の中で制作し(都内は音の問題があります)そんな命を削ってまででも没頭して制作した作品一つ一つを 足を留めて鑑賞して頂きたく思います。
 
 
 
 
 
 
 
 

第36回荒川区産業展

36poster

Photo_2

 第36回荒川区産業展に尚呼で出店します。

 3月14日(土) 午前10時~午後5時

 3月15日(日) 午前10時~午後4時

 尚呼では体験がメインです。錫の板に好きな刻印を打ってストラップやネックレスにします。これは迷子札としても使える実用的なものです。イニシャルや連絡先、血液型などを入れることが出来ます。刺激的なものでは 若い女性の EAT ME!でした(笑)

 3月14日(土)は午後1時~午後9時まで、通常のお稽古が銀座本店でありますので生徒さん是非是非いらしてくださいね。

 

 お教室展も日程と場所が決まりました。

  2016年9月19日(月・祝日)~22日(木・祝日)の4日間

  場所は 銀座 ACギャラリーです。

 

  搬入は17日の土曜日になる可能性がありますがまだ決定しておりません。

  皆様頑張って制作致しましょう~!

  海外の生徒さんや遠方の生徒さん、当日仕事などで搬入の出来ないで出品希望の方は前もって私どもスタッフに作品をお預け下さい。

 

 

 

地域伝統産業まつり

Top_image 地域伝統産業まつり


 21日 22日と出店しております。

 初めてのNHKホール。小さな催事場を予想していたら、紅白が行われるところでした。開演一時間前だというのに、ざっと50人は待っていました。

 私は銀座に居ますので昨日、今日と桜(ウチのスタッフ)にお留守番を頼んでおります。開場して30分でバングル16点、完売したそうです。ありがたき幸せ!

 今回の催事は体験コーナーがなくて販売のみです。夕方からは私もちょこっと顔を出します。

 

 渋谷駅 または 原宿駅から徒歩10分。渋谷って新しくて若々しい力のある街ですね。学生の頃はスクランブル交差点などが苦手でしたが今は活気のある空気に 頑張るぞ!と元気を頂ける街です。銀座は坂道が無くて碁盤の目のように道が揃っているので歩くのが楽で好きです(笑)皇居側から1丁目が始まるのだそうですよ。

  昨日のお稽古は可笑しくてクスクス笑いが多かったですね~色々な方々が集まるので楽しい情報が一杯です。栄養学にオーストリア事情に、遺伝子や火星移住の話まで。

 で やっていることが 伝統彫金でございます。

 ペアリングを制作されているUさんには、木目金の秘密のパターン作り(!!)を伝授しております。

 操作していると突然木目が流れ出す時が来るのです。美しくて感動します。Uさん、もう一息です。頑張りましょう!

 

 

美の創造者たち

 伊勢神宮にある神宮美術館で所蔵品の展示が12月7日まで開催されています。

 その図録がなんと無料で貰えるチャンス!桂盛仁先生のお父様の盛行先生の鯖の金具もどアップで見られます、お勉強に御側に置いてみてはいかがでしょうか。

007_r

若い頃は美男子だったそうです。鼻に品と書いておけと言われるほどに、品を大切にされる方でとってもお洒落な方でもあったそうです。


006_r 

まるで獲れたての身が硬く引き締まった鯖のようです。

008_r

 実際は優しい先生です。


009_r

 鹿は神様の使いです。

002_r


 若い頃に見た伝統工芸展巡回展、たくさんの作品がある中で光を放っていたのは鹿島一谷先生の香炉と桂盛行先生の蜂の金具でした。まだ素人の私にさえわかるほどの美しいオーラが出ていました。本当に光っていました。でも桂盛行先生の作品には黒いリボンが飾ってありました。

003_r


鹿島一谷先生のお孫さんでもあり、継承者の鹿島和生先生は根津で布目象嵌を教えていらっしゃいます。興味のある方は鹿島先生か私までご連絡下さい。ご紹介いたします。

 ものづくりをする全ての人間の心が邪なものではありませんように。私達は誠心誠意を込めて美しいものを拵えましょう。


 図録をメール便で受け取りを希望される方は100円玉を封書に入れてメタルハーツまで送って下さい。

104-0061

 東京都中央区銀座1-18-6 B1

 株式会社 メタルハーツ まで。

数に限りがございますのでお申し込みはお早めに!

茄子のペンダント 

 毎週月曜日は 田村伝統彫金の日です。

002_r_2

 これは赤銅の5分差しで茄子のへたを打ち出しし、K18を置き象嵌したもの。ラピスラズリの茄子という豪華なものです。

 身近な茄子がこんなに美しいペンダントに!!!

001_r_2

 

     また来週宜しくお願い致します!!!

第60回日本伝統工芸展

 第六十回 日本伝統工芸展 東京展が 2013年 9月18日(水)~ 9月30日(月)
日本橋三越本店で開催されます。
 今年は私、北東尚呼として作品を出品し入選いたしました。そして晴れて正会員となるようです。師匠、大野、私の家族や周りの皆様に励まされて出品できるだけでも私は嬉しかったです。ありがとうございます。また、この準備の為にお客様にも制作をお待ちいただきました。ありがとうございました。
 今年は60回という記念で天皇皇后両陛下がご覧になられる予定です。
 
 秋の本展と私たちは呼びます、この本展は全国公募の登竜門です。これから身を慎み、生徒さんやお客様に誠意をもってお教えしたり制作させて頂きたいと心を新たにいたします。そして精進して勉強してこの世に作品を遺していくつもりです。
 作品は東京を離れた後、以下のように全国巡回致します。
 ご高覧頂けましたら光栄です。
 
  第六十回 日本伝統工芸展 名古屋展 2013年10月 2日(水)~10月 7日(月)
名古屋栄三越
  第六十回 日本伝統工芸展 京都展 2013年10月 9日(水)~10月14日(月)
京都高島屋
  第六十回 日本伝統工芸展 大阪展 2013年10月16日(水)~10月21日(月)
JR大阪三越伊勢丹
  第六十回 日本伝統工芸展 金沢展 2013年10月25日(金)~11月 3日(日)
石川県立美術館
  第六十回 日本伝統工芸展 岡山展 2013年11月12日(火)~12月 8日(日)
岡山県立美術館
  第六十回 日本伝統工芸展 松江展 2013年12月11日(水)~12月25日(火)
島根県立美術館
  第六十回 日本伝統工芸展 高松展 2014年 1月 2日(木)~ 1月19日(日)
香川県立ミュージアム
  第六十回 日本伝統工芸展 仙台展 2014年 1月23日(木)~ 1月28日(火)
仙台三越
  第六十回 日本伝統工芸展 福岡展 2014年 2月11日(火)~ 2月16日(日)
福岡三越
  第六十回 日本伝統工芸展 松山展 2014年 2月18日(火)~ 2月24日(月)
松山三越
  第六十回 日本伝統工芸展 広島展 2014年 2月26日(水)~ 3月16日(日)
広島県立美術館

近代美術館工芸館にて

 田村です。新HPのブログができるまではこちらにてぶつぶつ書かせてください。

 初めてその作品を見たときに、私は稲妻が頭のてっぺんから足の先まで走るほどでどれほどその前で立ち尽くしていたかわかりません。そののち、また何度か見る機会はありましたがいつでもその感動は色あせることがない、それは 桂盛行作 「喜久華文香合」です。

 

  場所・期間  近代美術館工芸館 2013年2月19日~5月6日

「花咲く工芸」というテーマで出品されています。だからお花のモチーフが主です。桂盛行先生の小さな香合は傑作中の傑作で世界で5本の指に入ると思います。

 その他出品作品です。

 梅文打ち出し黄楊筥 内藤四朗

 金彩梅花垣水差   増田三男

 

 桜帯留 女郎花帯留 二点 桂光春

 

 梅花帯留 椿金具 他 大木秀春

 

 唐花文嵌荘筆箱   大坂弘道

 

 蝋型鋳金装身具   三代目 宮田藍堂

 

 四季花文だつま窯 初代 長野垤志

                               などなど。

 お出かけください。もうすぐ春ですね。

 

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ